CATEGORY

POSTED BY ライター/食育インストラクター こもり 掲載日: MAR 5TH, 2021.

【コストコ】食べるたび感動のおいしさ! 「丸型ピザ パンチェッタ&モッツァレラ」

高品質な商品を低価格で購入できる会員制倉庫型店「コストコ」。広い店内には、「コストコ」でしか買えないプレミアムな商品が数多く並んでいます。今回ご紹介するのは、そんなコストコの定番商品「丸型ピザ パンチェッタ&モッツァレラ」。具材たっぷりビッグサイズのピザは一度食べたらリピ決定のおいしさ。筆者おすすめの食べ方や保存方法をご紹介します!

【コストコ】丸型ピザ パンチェッタ&モッツァレラ

さすがのビッグサイズ「丸型ピザ パンチェッタ&モッツァレラ」をご紹介!

シーフードやチーズなど、コストコに並ぶ丸型ピザの中で今回ご紹介するのは「パンチェッタ&モッツァレラ」。コストコを訪れるたびに、筆者が購入している商品です。直径約40cmとビッグサイズで、具材もたっぷりのっているのに1,498円(税込)と驚きの安さ!

トッピングはナチュラルチーズ・モッツァレラチーズ・パンチェッタ・ローストトマトのオイル漬け。パセリものって彩鮮やか。市販のピザを購入してくると、いつも追いチーズを楽しむ筆者ですが、コストコのピザは追いチーズ不要。豪快に惜しげもなくチーズがトッピングされています。

パンチェッタもトマトもゴロゴロと大きくカットされていて、食べ応え抜群。

とても大きいので格子状に切れ目を入れ四角く切ったり、カット方法を色々試してみましたが、1食分に丁度よい量ということで、今ではオーソドックスに1/8カットが我が家の定番です。

1/8カットは手のひらからはみ出す大きさですが、大人ならペロッと食べられてしまいます。

食べきれない分は、一切れづつラップで包んでジップロックに入れ冷凍保存がおすすめ。冷凍しておくと、ちょっと特別なものが食べたくなる休日ランチにぴったりです。冷凍した場合は、そのままオーブンやトースターで焼くと時間がかかってしまうので、600wの電子レンジで40秒ほど加熱してから焼くと中まで熱々、外はこんがりと短時間で仕上げることができますよ。

実食! 「丸型ピザ パンチェッタ&モッツァレラ」

調理方法は、200℃のオーブンで約15分、チーズが膨らみクラストが黄金色になるまで加熱します。筆者はいつも高温で焼くことができる魚焼き器で加熱しますが、魚焼き器で加熱すると弱火で5分程と短時間で調理できるのでおすすめです。

チーズが溶けて、パンチェッタにもしっかり火が通ったら食べごろです。

生地の厚さは約1cmといったところでしょうか? 薄過ぎず厚過ぎず丁度よい食べ応えです。

一口分をナイフで切ると、熱々のチーズが伸びてワクワクが止まりません。口いっぱいに頬張ると、その味に毎回感動! 生地の表面はザクッと音がするほどカリカリ食感で、中はフワッとしています。ソースやチーズ、パンチェッタの旨味が詰まっていてマリアージュが最高。もう何度も食べていますが、食べるたびに「やっぱり、コストコって凄いな」と思わせてくれる一品です。

ローストトマトのオイル漬けは、甘酸っぱくてジューシー。トマトのおいしさが凝縮されていて、濃い旨味の中のオアシスのよう。よいアクセントになっています。

ホットソース

辛いもの好きな人におすすめしたいのがこちらの「ナンファー シラチャーチリソース」。カルディなどで購入できる商品です。

シラチャーソースは、タイ発祥の唐辛子とニンニクベースのホットソース。刺激的な味わいとニンニクの香りが、濃い旨味のピザに合う! シラチャーソースで味変して食べると、ビックサイズのピザもあっという間に完食してしまいますよ。

コストコの「丸型ピザ パンチェッタ&モッツァレラ」は、味もボリュームも価格も、全てにおいて大満足な商品でした。これからもリピ間違いなし! コストコに行ったら、ぜひ試してみてくださいね。

丸型ピザ パンチェッタ&モッツァレラ
価格:1,498円(税込)
賞味期限:加工日含め3日

ナンファー シラチャーチリソース
内容量:200g
価格:345円(税込)
賞味期限:筆者が購入したときは2年4ヶ月でした
https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/4560148203818

[All Photos by Komori]

>>>業務スーパーマニア100人が選ぶ人気商品ランキング【実食おすすめ30選も】2021最新版

>>>カルディマニア100人が選んだ人気商品ランキング【新商品と実食おすすめ34選も】2021最新版

>>>【ロピア】話題の激安スーパー「ロピア」に行ってみた。おすすめスイーツや食材は?

こもり

Komori/ライター/食育インストラクター

東京の片隅で夫・娘2人・黒猫と暮らしている新米ライター。広告代理店制作部、デザイン事務所などでのグラフィックデザイン仕事を経てフリーランスに。食べる事が好き過ぎて、遂に!食べ物への愛を文字に乗せて発信することに。美味しい!と思ったものは何回も食べてしまうタイプです。特にいか・エビ・寿司・ラーメンに目がない。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

食品/テイクアウト/デリバリーの記事