CATEGORY

POSTED BY 自由でいたいエディター/ライター すぎさく。 掲載日: NOV 19TH, 2022.

周囲と繋がる画期的な技術を搭載したイヤホン新登場!

動画鑑賞やオンライン映像の視聴など、今や私たちの生活に欠かせないアイテムと言っても過言ではないイヤホン。有線や無線、オープンイヤー型と多種多様なモデルが展開されるなか、NTTグループ初のコンシューマ音響ブランドから、オープンイヤー型イヤホンが新登場! 目からウロコの新機能が搭載された最新イヤホンを余すことなく紹介します。

NTTグループ初のブランド「nwm(ヌーム)」から新作イヤホン登場

NTTグループ初となるコンシューマ音響ブランド「nwm(ヌーム)」が、満を持して投入したオープンイヤー型有線イヤホン「nwm MWE001」。2023年春には、ワイヤレスバージョンの「nwm MBE001」も登場予定です。

注目は、これらに搭載されたPSZ(パーソナライズサウンドゾーン)技術。特定の空間しか音が聞こえないような特殊機能を持った画期的な技術です。

この技術のすごいところは、音漏れを最小限に防ぎながらも、周囲の音はしっかり拾うということ。

一般的なイヤホンは、周りの音をシャットアウトし、自分だけの世界に没入してしまうもの。近くで名前を呼ばれても気が付かない……という状況もありがちです。リアルな世界と断絶されることで、コミュニケーションの欠落を招く恐れがあるのも正直なところ。

そんな状況を打破してくれるのが、PSZ技術を搭載した「nwm MWE001」です。

音を聴きながら、近くにいる人の呼びかけや会話も聞こえるため、周囲の環境をシャットアウトしてしまう心配ありません。自分と周囲をシームレスにつなぐ環境を構築するのが、「nwm(ヌーム)」の狙いでもあるそうです。

プライベートやビジネスにも◎

PSZ技術は、耳元だけにカプセルのような音の空間が生まれて、そこだけに音が聞こえるので、周囲への音漏れもほとんどありません。

周囲の呼びかけやアナウンスを聞き逃さないため、イヤホンを装着していても周囲とのつながりをキープ。さらに、オープンイヤー型で長時間の装着も苦にならないのも魅力です。

コロナ禍で増えたリモート会議やオンライン授業、カフェ作業、ジョギングなどにも便利に使うことができる、まさに先進的なイヤホンなんです!

「nwm MWE001」(税込8,250円)の有線モデルは、2022年11月17日現在Amazonにて販売中。無線モデル「nwm MBE001」(オープン価格)は、クラウドファンディング「GREEN FUNDING」で2023年春に販売開始予定です。

【商品詳細】
パーソナルイヤースピーカー nwm MWE001
価格:税込8,250円
型式:オープンエア型
使用ユニット:φ12mm
出力音圧レベル:84dB
再生周波数帯域:100Hz〜20,000Hz
最大入力:40mW
インピーダンス:32Ω
コード長:1.2m
マイクロホン:ECM(無指向性)
入力フラグ:」φ3.5mm 4極ステレオミニプラグ(金メッキ)
質量:9g(コード含まず)
購入リンク:https://www.amazon.co.jp/sonority

パーソナルイヤースピーカー nwm MBE001
価格:オープン
発売日:2023年春予定
型式:オープンエア型
使用ユニット:φ12mm
マイクロホン:ECM(無指向性)
電池持続時間:最大6時間(使用条件・使用環境により異なる)
充電時間:約2.5時間(使用条件・使用環境により異なる)
質量:9.5g(片側)
付属品:充電用USBケーブル、キャリングケース(バッテリー非搭載)

関連するタグ

すぎさく。

すぎさく。/自由でいたいエディター/ライター

究極の自由人。走り屋系雑誌で編集のハウツーを学びつつ、コキタナイマイカーでサーキット走行に情熱を燃やした結果、壊したクルマは数知れず!? その後,ブランクを経てweb業界にジョイン。紙とwebで都合9年ほど編集に携わる。現在はキャンプ沼にどっぷり首まで浸かって溺れそうな焚き火バカ。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

生活雑貨の記事