CATEGORY

POSTED BY 多彩な顔をもつクリエイター かんちゃん(kansugi) 掲載日: MAY 26TH, 2020.

【100均】貼るだけで汚れ防止!「白マスキングテープ」予防掃除

通称‟白マステ“こと「白マスキングテープ」を貼るだけで、お掃除が楽になっちゃう魅惑の掃除術。今、このお手軽にできる掃除術がお掃除上手さんの間で新常識になりつつあります。浴室ドアのシリコンコーキング、洗面台、コンロ周りなど、頑固な汚れがつきやすいところに白マスキングテープを貼るだけで、カビ、水垢、油汚れなどを予防。汚れたらテープを貼り替えるだけでとっても楽ちんなのです。貼るだけで汚れを防止できる、白マスキングテープ予防掃除をご紹介します。

白マスキングテープ 防掃除 100均
白マスキングテープで予防掃除!
©kansugi

「白マスキングテープ」で予防掃除?

「白マスキングテープ」は100均のでOK

100均で購入した白マステ
©kansugi

予防掃除に必要なものは、100均の文房具コーナーに売っている、ごく普通の白マスキングテープでOK。筆者的におすすめなのは、透明度が低い真っ白なマスキングテープです。(しっかりカバーできるため)そのほかにも最近は、予防掃除用に抗菌加工されている白マスキングテープも売っていますよ。お好みのものを用意してくださいね。

浴室ドアの下

Before

浴室ドアの下のシリコンコーキング
©kansugi

まずは浴室ドアの下のシリコンコーキングから。ここはシャワーがかかったり、埃や髪の毛などが落ちたり、汚れが溜まりやすく目立ちやすい場所です。白マスキングテープを貼る前に、まずはシリコンコーキング部分の汚れを取り除いてきれいにしましょう。仕上げは、キッチンペーパーや乾いた布でしっかり水分を拭き取ります。

After

見た目も美しく!
©kansugi

きれいにしたら、白マスキングテープを貼り付けていきます。白マスキングテープは一直線に貼るのがポイント。少しずつ指で抑えながら貼ると、スムーズですよ。

することこの通り!白マスキングテープを貼ることで、シリコンコーキング部分がカバーでき、見た目も美しくなりました。テープが汚れたら貼り替えるだけでOK。ちょっとした埃ならそのまま拭けるので、お掃除がグッと楽になります。

浴室ドアの下(レール部分)

Before

パッキン部分に注目
©kansugi

浴室ドアにあるゴムパッキンとレールに小さな溝があるのですが、ここにガリガリとした頑固な汚れがつきやすくて困っていました。スチールウールのスポンジや細いブラシなどでゴシゴシして、やっと落ちるほど硬くて取れにくい汚れ!そんな手強い汚れもマスキングテープの予防掃除でおさらば!

After

カビ汚れ防止
©kansugi

ゴムパッキンとレールの小さな溝を、白マスキングテープで埋めるようにします。すると、これだけで小さな溝に埃や水垢が入り込まなくなりきれいをキープ。定期的に白マスキングテープを貼り替えることで(月に1回くらいがGOOD)、カビが蔓延る前に対処できます。白マスキングテープで予防掃除をするようになってからは、ゴシゴシと大変な掃除をすることがなくなりました。

また、白マスキングテープを貼り替える際は、アルコール除菌スプレーでお掃除の仕上げをすると、より防カビ効果が期待できます。

洗面台のコーキング

Before

水垢が溜まりやすい洗面台コーキング
©kansugi

洗面台のシリコンコーキングはハンドソープの泡が飛んだり、洗顔や歯磨きする際に水しぶきが飛んだり、水垢やカビ汚れがたまりやすい場所。白いシリコンコーキングが汚れると、目立ちますよね。汚れに気づいてはタワシやメラミンスポンジでゴシゴシ掃除・・・なんてことが常でしたが、白マスキングテープの予防掃除で楽になりました。

After

お手入れ楽ちん
©kansugi

コーナー部分は指の爪でこするようにして白マスキンテープを貼ると、きれいに埋まりますよ。美しい洗面台で気分もスッキリ!

キッチンコンロ周りのコーキング

Before

油汚れが気になるコンロ周り
©kansugi

コンロ周りは油の飛び散りなど、シリコンコーキングに汚れがたまりやすいです。頑固な油汚れは白いシリコンコーキングを黄色く変色させてしまうことも・・・。掃除をしても黄ばみが取れなくて困っていました。写真をご覧いただくと分かるように、見た目が美しくありませんよね。

油汚れが気になるコンロ周り
©kansugi

右側の角など、特に汚れがたまりやすくて目立ちます。せっかく白いキッチンなのに、この汚れひとつで美観を損ねてしまう・・・。そんな困ったに、白マスキングテープの予防掃除が活躍します。

After

黄ばみも気にならなくなる!
©kansugi

シリコンコーキング部分はもちろん、コンロ周りのテーブルや壁などをきれいに掃除し、油や水気をよく拭き取ってから白マスキングテープを貼ります。特に、油分が残っているとマスキングテープがうまく貼れないので注意してください。

こちらもこの通り!
©kansugi

白マスキングテープを貼るとこの通り!黄色く変色してしまった部分も気にならなくなりましたね。まるでシリコンコーキングを付け替えたような美しさです。

料理をする際に目に入るところが美しいと気持ちよいですよね!自然と料理もはかどります。油汚れが付いたら、硬く絞った布巾でサッと拭くだけで簡単に汚れが取れます。

埃が溜まりやすい巾木

Before

何気にお掃除が面倒な巾木
©kansugi

床面に接する壁の下部に取り付ける部材「巾木」。この小さな幅に埃がたまりやすいんですよね。壁紙の隙間に埃が入り込むこともあって、先の細い掃除機で埃を取り除いたりとても面倒でした。

After

見た目もきれいに!
©kansugi

巾木と壁紙を埋めるように、白マスキングテープを貼ると、まるで新築のお家のような見た目に。マスキングテープの表面がツルツルしているからか、埃も以前よりつきにくくなりお掃除がグッと楽になりましたよ。

まとめ〜掃除が楽になる

白マステで予防掃除!
©kansugi

100円の白マスキングテープ1個だけでもいろんな部分の予防掃除ができます。汚れが頑固になる前に対処して、日々の掃除を楽にしちゃいませんか?白マスキングテープの予防掃除、ぜひ試してみてくださいね。

>>>【100均】マスキングテープのイエナカ活用術10選。プチストレスも解消!

>>>ダイソーマニア100人が選ぶ人気リピ商品ランキング【編集部おすすめ17選も】2020最新版

>>>キャンドゥマニア100人が選んだ人気リピ商品ランキング【編集部おすすめ9選も】2020最新版

姜淑伊

かんちゃん(kansugi)/多彩な顔をもつクリエイター

WEBライター / 編集者 / フォト・ビデオグラファー / デザイナー / 料理家 / DJ / 多彩な顔をもつクリエイター。 調理師 TAPS,Inc.代表

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

100均の記事