CATEGORY

POSTED BY ライター/タイニーハウス・ウォッチャー 倉田直子 掲載日: OCT 26TH, 2019.

小さな家の豊かな暮らし【5】B&Bで泊まれる「Het Waterland Huisje」

「タイニーハウス」をご存知ですか? 様々なとらえかたがある言葉ですが、だいたい20平方メートル程度の小さな家を意味します。さらに、車でけん引できるモバイルハウスであることも。いま世界中でこのタイニーハウスの愛好者や、タイニーハウス生活を夢見る人々が増えていて、「タイニーハウス・ムーブメント」を巻き起こしています。このシリーズでは、オランダでタイニーハウス生活を営む人々や、素敵なタイニーハウスをご紹介します。

「タイニーハウス・ムーブメント」とは?

B&Bで泊まれる「Het Waterland Huisje」

タイニーハウス・ムーブメントのきっかけは、2008年に発生した世界規模の金融危機「リーマン・ショック」だと言われています。この経済危機をきっかけに、「豊かさってなんだろう」「家ってなんだろう」「本当に必要なモノは何?」と多くの人が考えるようになったのです。そこからタイニーハウス生活が注目を浴びるようになりました。必要最低限のものだけを所有し、ローンのいらない小さな家に住む。そんな「小さくても豊かな暮らし」は、欧州オランダにも伝わりました。

今回は、「お試しでタイニーハウス生活を体験してみたい!」と考える方にぴったりのタイニーハウスのご紹介です。

本の表紙にもなる「Het Waterland Huisje」

本の表紙を飾る「Het Waterland Huisje」
本の表紙を飾る「Het Waterland Huisje」

この超コンパクト・タイニーハウスは、オランダでもタイニーハウス愛好家たちの間では知られた存在の「Het Waterland Huisje」(ヘット・ヴァーターランド・ハウシェ)。2017年発行のタイニーハウスに関する本の表紙を飾っている、赤い屋根と水色の壁が印象的な可愛らしいデザインです。現在は、アイントホーフェンという街に停留しています。

実はこの家は、宿泊ができるオランダでも珍しいタイプのタイニーハウス。しかも、通常タイニーハウスは20平方メートル程度はあるのですが、「Het Waterland Huisje」の面積は10平方メートルしかないんです!

「Het Waterland Huisje」
「Het Waterland Huisje」オリジナルテーブルが立てかけられています
裏からの見かけはモバイルハウス
裏からの見かけはモバイルハウス

入り口側から見ると「小屋」という印象ですが、後ろからの表情はまさしくモバイルハウス。ちなみに、けん引用パーツなどを抜いた居住部分の長さは4.8メートル、幅は2.05メートルになります。では、早速中を見てみましょう。

小さくても、使い勝手は十分

玄関ドアとソファスペース
玄関ドアとソファスペース

出入口に一番近いスペースは、くつろぎのリビングスペース。10平方メートルの中にもソファがしっかりあるのは驚きですね。

タイニーハウスの奥の様子
タイニーハウスの奥の様子

その奥には、ミニキッチンとダイニングのコーナーが。泊まるとなると食事の準備が必要になりますが、キッチン事情はどうなっているのでしょうか。

備え付けの電熱調理器具
備え付けの電熱調理器具

作り付けのコンロはなかったのですが、しっかり電熱調理器具が準備されていました。電気ケトルもあるので、簡単な調理ならできそうです。

シンク下の小型冷蔵庫
シンク下の小型冷蔵庫
食器と軽食
食器と軽食

小型冷蔵庫があるので、生ものの持ち込みも大丈夫そうです。そして宿泊定員2名なので、2名分の食器も。ちなみに、「B&B」というだけあり、朝食にいただけるティーバッグやシリアルも置いてありました。

バスルームのドア
バスルームのドア

そして、大事なトイレ事情に関してもお伝えしたいと思います。「Het Waterland Huisje」のバスルームは、ミニキッチンの奥、スライドドアの向こう側にあります。

シャワーブース
シャワーカーテン付きのシャワーブース
清潔な水洗トイレ
清潔な水洗トイレ

扉を開けると右側にシャワーブース、左側にトイレが。実はこのトイレ、しっかり水洗トイレでした!
ちなみにこのタイニーハウスのシャワーは、しっかりとお湯が出ます。水量や水勢にもまったく不安はないので、安心してシャワーを浴びられるのです。

ロフトの上の寝室スペース
ロフトの上の寝室スペース

そしてもちろん、寝室スペースはロフトの上。ちなみにロフトの広さは縦2.4mの幅2.05m。2人でも十分眠れる広さです。天窓が設けられているので、ロフトスペースにも十分な採光がありました。小さくても、しっかり使い勝手を考えられていることが伝わってきます。

「Het Waterland Huisje」に宿泊

「ホームとは、あなたが留まる場所のこと」
「ホームとは、あなたが留まる場所のこと」

なかなか体験する機会のない、タイニーハウスでの暮らし。オランダ旅行の際は、この10平方メートルの、可愛らしいタイニーハウスに宿泊してみてはいかがでしょうか。
※予約詳細は、「Het Waterland Huisje」公式HPをご参照ください。

[All pictures by Naoko Kurata]
[Het Waterland Huisje]

倉田直子

Naoko Kurata/ライター/タイニーハウス・ウォッチャー

2004年にライターとしてデビュー。北アフリカのリビア、イギリスのスコットランドでの生活を経て、2015年よりオランダ在住。主にオランダの文化・教育・子育て事情、タイニーハウスを中心とした建築関係について執筆している。著書「日本人家族が体験した、オランダの小学校での2年間

RECOMMENDおすすめ記事