CATEGORY

POSTED BY 体当たり家電ライター 藤山哲人 掲載日: DEC 25TH, 2019.

【2019最新比較】ラグやカーペットに強いおすすめロボット掃除機5選はこれだ!

国産のロボット掃除機は、フローリング中心の掃除機を作っている場合が多く、部屋一面ラグやカーペットという部屋のお掃除は苦手というロボット掃除機がほとんどです。一方土足文化の根付いている海外製のロボット掃除機は、カーペット敷きを中心に考えられているものが多くあります。今回は、ラグやカーペットのある部屋に向いているロボット掃除機5選をご紹介。

ロボット掃除機には、床の種類によって向き不向きがあります。最近はフローリングがメインで、部分的にカーペットやラグなどを敷いている家庭が多いでしょう。国産のロボット掃除機は、このようにフローリング中心の掃除機を作っている場合が多く、部屋一面ラグやカーペットという部屋のお掃除は苦手というロボット掃除機がほとんどです。

一方土足文化の根付いている海外製のロボット掃除機は、カーペット敷きを中心に考えられれているものが多くあり、中でもカーペットやラグの奥に入りこんだ砂ごみをよく吸い取ってくれるものが多くあります。
ここでは、部屋の大部分をラグやカーペットにしているというご家庭に向いているロボット掃除機をご紹介しましょう。

カーペット敷きの家に土足で上がるアメリカ生まれのルンバ

カーペットやラグが敷かれた家に土足で上がるアメリカ。そんなアメリカで生まれたルンバは、カーペットの砂汚れに強いロボット掃除機です。ルンバ独自の2本のゴムでできたデュアルアクションブラシは、2つのゴムローラーが密着することで真空状態を作り出し、カーペットの奥底に入りこんだ砂ごみを吸い出します。また表面に出てきた砂ごみは、ブラシの要領で勢いよく吸い込みます。

土足文化で生まれたルンバは、カーペットやラグのお掃除用として最適です。写真はルンバe5ですが、ルンバi7も同じ機構を持つのでラグやカーペットをキレイにしてくれます

またカーペットに付いた髪の毛やペットの抜け毛も、ゴムローラーでうまく剥がしつつ、ローラーに絡むことなくダストボックスに吸い込めるのが特徴です。一般的な掃除機は、ゴムローラーの代わりにブラシを使っているので、毛が絡まってお手入れが大変。筆者が見てきた限り、ルンバi7とe5が最もラグやカーペットに強い掃除機です。

iRobot ルンバi7+
市場価格:13万円前後
幅:35.1cm
高さ:9.2cm(充電台:49cm)
https://www.irobot-jp.com/product/i7/
[楽天] [Amazon]

iRobot ルンバ e5
市場価格:5万5000円前後
幅:35.1cm
高さ:9.2cm
https://www.irobot-jp.com/product/e5/
[楽天] [Amazon]

基本土足文化のイギリスで作られたダイソンも敷物に強い!

基本的に土足文化ですが、家庭によっては靴を脱いで家に上がるイギリス。そんなイギリス生まれのダイソンも、砂汚れとカーペットに強いロボット掃除機のひとつです。ダイソンの研究所(シンガポール)では、カーペットやラグ、フローリングに畳、ビニールや陶器のタイルなど、さまざまな床材で実験を繰り返しているので、「床」であれば何でもきれいになると言っていいのかもしれません。

幅が小さく小回りが利くのも特徴です。イスの足の間やミニテーブルの下もスイスイ走ってキレイにしてくれます

フローリングは、まるで雑巾がけをしたように裸足で歩いてもツルツルにしてくれる360 heurist。カーペット敷きの部屋もダイソン独自のサイクロンとスティック掃除機と同じ回転ヘッドでキレイにしてくれます。初めてダイソンを使ったときに、みなさんが声にする「こんなにたくさんのゴミはどこにあったの?」という声。カーペットを360 heuristで掃除すると、ダストカップいっぱいに溜まったホコリゴミと砂ゴミ、そして極微粒子のゴミに驚くことでしょう。

ダイソン 360 heurist
市場価格:9万円前後
幅:24cm
高さ:12cm
https://www.dyson.co.jp/dyson-vacuums/robot/dyson-360-heurist-jp/overview.aspx
[楽天] [Amazon]

土足文化が半分のドイツ、もともとカーペットメーカーのコーボルトがおすすめ

もともとカーペットメーカーのフォアベルク、そこからカーペット専用の掃除機メーカーとして設立されたコーボルトだけに、そのDNAを受け継ぎカーペットの掃除が得意です。ラグは最長で毛足1.5cmまでお掃除できます。段差でもご紹介した通り、特殊なタイヤ支持装置で毛足の長いラグの中に沈んでも、しっかり走行できるのも特徴です。

>>>【2019最新比較】段差に強いおすすめロボット掃除機5選はこれだ!

毛足の長いラグでもお任せ。カーペットをよく知るメーカーが作った掃除機なので、対カーペットのお掃除力はお墨付きです

また吸い込みブラシは、ゴムと毛ブラシを採用しています。これはカーペット用の掃除機を90年に渡り作ってきた、アップライト式(コンセント式ですがスティックのような一体型)の回転ブラシヘッドの集大成と言えるでしょう。

またレーザーによる間取りや障害物の認識をしているので、部屋の隅々までお掃除してくれるだけでなく、自分の位置をしっかり把握できるため、お掃除もれがありません。さらにD型の角のブラシは、部屋のコーナーに密着するので、際のゴミも逃しません。

フォアベルト コーボルト VR300
市場価格:13万2000円前後
幅:34cm
高さ:9cm
https://vorwerk.co.jp
[Amazon]

全面カーペット式のお部屋なら誤認識なしで威力を発揮するエレクトロラックス

基本的に靴を脱ぐ文化のスウェーデンからは、エレクトロラックスのPUREi9です。しかし同社は土足文化のヨーロッパでも幅広く使われているのでカーペットのお掃除は得意です。小さいバスマットのような敷物は、障害物と勘違いして上手に避けて(笑)掃除するPUREi9ですが、大きな敷物なら乗り上げてしっかりお掃除してくれます。

しかも内部的なお掃除モードに、フローリング時とカーペット時のモードを持っているので、カーペットの上と判断すると走行スピードを落として、ブラシでしっかりゴミをかき出し吸い込みます。

カーペットの奥に入り込んでしまった砂ゴミは、ブラシでうまく表面までかき出し、吸引してくれるPUREi9もオススメです。とくにペットのいるご家庭では、大活躍するでしょう
ゴムべらと毛ブラシを使った吸い込み用ブラシ。ネコの毛を掃除させてもほとんど絡みません

吸い込みブラシは、コーボルトと同じゴムと毛ブラシの両方を備えたものなので、カーペットについた髪の毛やペットの毛を確実に吸い込みます。しかもブラシに毛が絡まらずお手入れが簡単です。もうひとつの特徴は、ロボット掃除機の中で上位3位に入る大容量ダストカップを備えています。カーペットから出る大量のホコリと砂ゴミでも、毎日ゴミ捨てする手間が省けます。

Electrolux PUREi9
市場価格:5万8000円前後
幅:32.5cm
高さ:8.5cm
https://promo.electrolux.co.jp/purei9/
[楽天] [Amazon]

あとはどんぐりの背比べ的ながら吸引力の強いDEEBOTハイエンド機

国産のロボット掃除機は、ほとんどがフローリングをメインに設計しているので、それほど吸引力を高めたロボット掃除機がありません。また国産ロボット掃除機のほとんどは、吸い込みブラシにゴムブラシを使ったものがなく、フローリング用の毛ブラシとなっています。すでに紹介した上位4モデルを覗くと、カーペットの掃除力は、どんくりの背比べというところでしょう。

ほとんどのロボット掃除機は、バッテリーを長持ちさせるために吸引力を落としていますが、DEEBOT OZMO 950は吸引力を最大にするモードがあり、電池も通常のロボット掃除機の2倍入っています

DEEBOT OZMO 950は、吸引力という点で他を抜きん出ているかもしれません。毛ブラシの吸い込みブラシを持ち、日本製の高性能モーターで強力に吸引します。また一般的なロボット掃除機の倍の容量の電池を内蔵しているので、強力でも長時間駆動が可能です。通常は運転時間と吸引力のバランスを取る運転となりますが、設定で吸引力重視の運転に切り替え可能です。

間取りや自分の位置を認識するレーザーを搭載し、スマホとの連携もできますが、カーペットに強い比較的安価なロボット掃除機です。

エコバックス DEEBOT OZMO 950
市場価格:7万6000円前後
幅:35cm
高さ:9.3cm
https://store.ecovacs-japan.com/products/detail238.html
[楽天] [Amazon]


>>>ロボット掃除機についてもっと知りたい人は・・・

【連載】教えて!家電おじさん〜プロに聞く家電選び〜

藤山哲人

Tetsuhito Fujiyama/体当たり家電ライター

「マツコの知らない世界」(番組史上最多の5回出演)「華大の知りたいサタデー」(生4回)「アッコにおまかせ」「NHKごごナマ」(生放送2回)「カンテレ ワンダー」(5回)「HBC 今ドキ!(生中継5回)」「CBC ゴゴスマ」(生放送2回)など多数の番組出演し、家電の紹介やしくみ、選び方や便利な使い方などを紹介するおじさん。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

家電の記事