CATEGORY

POSTED BY 体当たり家電ライター 藤山哲人 掲載日: DEC 18TH, 2019.

【2019最新比較】段差に強いおすすめロボット掃除機5選はこれだ!

大抵のロボット掃除機は、2cm程度の段差なら越えられるとしています。数多くのロボット掃除機をテストしてきた筆者からすると、この数値ほど怪しいものはありません。そこで今回は、実際の走行テストをもとに、2019年最新比較で段差に強いロボット掃除機5選を紹介します。

ロボット掃除機のスペックとして公表されている乗り越えられる高さは、ロボット掃除機より大きなカーペットやラグなどです。でも実際には、他にも段差があります。たとえば部屋と部屋の間にある引き戸の段差など細長い棒状の段差があると、たとえ「乗り越え可能」としている範囲内でも、車輪が浮いてしまうなどで走行不能になる場合があります。

また段差を乗り越えようとがんばっていると、今まで自分が向いていた方向が分からなくなってしまい、掃除をしていない部分を多く残したまま終了してしまう場合があります。

ここでは段差に強いロボット掃除機を紹介しますが、段差はロボット掃除機がいちばん苦手とする障害ということを覚えておきましょう。そしてできるだけ段差のない環境を作ってあげてください。

ロボット掃除機で唯一「キャタピラ」を使い賢く乗り越える

ロボット掃除機の中で一番段差の乗り越えが上手なのは、ダイソン 360 heulistです。ダイソン以外のロボット掃除機は、丸いタイヤを使って走っています。しかしダイソンだけは戦車のようなキャタピラを使って走ります。しかも段差の乗り越え方も非常に賢く、できるだけ走行不能にならないように登るのです。

ロボット掃除機で唯一のキャタピラ駆動。
どこでも走れる戦車と同じでキャタピラ駆動は段差に強いのが特徴です

たとえば片方だけ段差に乗り上げると、そこには段差があると判断して少し後退します。次に段差に対して正面を向くように方向転換。そして段差を少し登ってみて、急坂すぎないか?登れない段差か?と確認して、登り切れると確信すると頂上まで登ります。
ここまで慎重なダイソンですが、それでも細い棒状の段差には弱く立ち往生してしまう場合があります。

無理に段差を乗り越えると、自分の向かっていた方向を見失う場合もあります

段差を登りきれた場合のほとんどは、今まで走っていた方向を正しく把握できるようですが、まれに方向を見失い、以降は斜めに掃除し始めるということもあるようです。

※「キャタピラ」は、米国キャタピラ社 (Caterpillar Inc.) の登録商標です。

ダイソン 360 heurist
市場価格:9万円前後
幅:24cm
高さ:12cm
https://www.dyson.co.jp/dyson-vacuums/robot/dyson-360-heurist-jp/overview.aspx
[楽天] [Amazon]

危険そうな段差は登らず、部屋全体を掃除することに注力

PUREi9も段差に慎重なロボット掃除機です。ダイソンと同じように段差を見つけると少し後退し、段差を正面に捕らえるように方向を変えて登ります。車輪で走りますが、他のロボット掃除機に比べると、確実に段差を乗り越えてくれます。

ラグなどの大きさによっては、障害物と判断して迂回してしまいます。
段差に慎重なので段差にハマって立ち往生することは少ないでしょう

でもバスマット程度の大きさのラグやミニカーペットは、障害物と判断して最初から登ることを諦めてしまうことが多々あります。このときはラグの外周に沿って上手に掃除をしてくれますが、ラグの上には一切踏み込みません。スマホと連携させていると、マットの部分をまったく掃除していないとマップ上に記録が残るので、そこだけ手動でお掃除してあげるとよいでしょう。
段差を乗り越えられた場合でも、自分の向きを見失うことはほとんどないようです。掃除のやり残しはダイソンより少ないでしょう。

Electrolux PUREi9
市場価格:5万8000円前後
幅:32.5cm
高さ:8.5cm
https://promo.electrolux.co.jp/purei9/
[楽天] [Amazon]

もと絨毯製造会社が作った絨毯に強いロボット掃除機

D型が特徴的なコーボルトのロボット掃除機VR300です。モデル数も少なくドイツの会社なので知名度も低いので、量販店でもあまり見かけません。元々絨毯を製造していた会社が、絨毯専用の掃除機を作るメーカー「コーボルト」が設立しました。ですから最も絨毯に強いロボット掃除機といってもいいでしょう。

上部の丸い部分は間取りを調べるレーザーセンサー。
間取りや大きな障害物、自分の位置をこのセンサーで正確に捉えます

こんな事情もあり絨毯の段差は上手に乗り越えます。他のロボット掃除機にはない、独自の段差乗り越え用の車輪支持機構がポイントのようです。

車輪に独自の段差乗り越え機能を持っているコーボルト VR300

ただし他のロボット掃除機と同様に細い棒状の段差では、車輪が浮いてしまい立ち往生する場合があります。このような場所には立ち入れないように、割り箸などを両面テープで固定して高さを増して乗り越えられないようにするのもひとつの手です。
段差を乗り越えたあとでも、レーザーによる間取り認識が効いているのか、自分の方向を見失うことはありません。掃除のやり残しなく部屋全体をキレイにしてくれます。

フォアベルト コーボルト VR300
市場価格:13万2000円前後
幅:34cm
高さ:9cm
https://vorwerk.co.jp
[Amazon]

段差の乗り越えをがんばりすぎて、やや方向を見失いがち

決して段差に強いロボット掃除機とは言えませんが、他のロボット掃除機に比べると「何とかして登りきろう」とするのが、ルンバe5とi7です。片方の車輪のみ段差に乗り上げてしまっても、とにかく自分の進むべき方向にグイグイ進みます。その結果、細い棒状の段差の場合は、車輪と車輪の間に段差がきてしまい、完全に両輪が浮いて立ち往生する場合があります。

段差の乗り越えは、ただ段差を乗り越えられるというものではなく、段差を登ったあとも、引き続きキレイに掃除をできるか?というのが問題になってきます

ルンバe5はランダム走行するので、段差を乗り切った場合でも、お掃除のやり残りなく部屋全体を掃除できているようです。

しかしi7は部屋を縦横にジグザグ走行するため、自分の向かう方向を少し誤り、段差越え以降斜めに掃除してしまうことがあります。ルンバi7はスマホと連携して、部屋の間取り図に掃除をしたした場所が表示されるので、やり残し箇所はすぐにわかります。そこだけ手動でお掃除してあげるといいでしょう。

iRobot ルンバi7+
市場価格:13万円前後
幅:35.1cm
高さ:9.2cm(充電台:49cm)
https://www.irobot-jp.com/product/i7/
[楽天] [Amazon]

iRobot ルンバ e5
市場価格:5万5000円前後
幅:35.1cm
高さ:9.2cm
https://www.irobot-jp.com/product/e5/
[楽天] [Amazon]

登れない段差の諦めは早いけれど進む方向を見失いがち

ルーロもルンバ同様に決して段差に強いロボット掃除機とは言えません。しかしルンバよりは消極的ですが、何とかして登ろうとします。片方の車輪だけ段差に乗り上げても、そのまま直進しようとしますが、だんだん方向がずれてきて、自分進む方向を見失いがちです。
他のロボット掃除機と同じで、細長い段差には弱く立ち往生してしまいます。

段差の走行実験もしている筆者ですが、段差には色々なパターンがあるので、どんな実験をするといちばん正確な結果がでるのか悩むところです

段差越えしたあとは、自分の方向を見失いがちですが、場合によっては方向を補正できる場合があるようです。ルーロもスマホと連携して、間取り図にお掃除マップを表示できますから、どこが掃除できなかったがひと目でわかります。
よく立ち往生してしまう細長い段差には、ホームセンターなどで売っている木の切れ端を両面テープなどで着けて、乗り上げないようにしてあげるといいでしょう。

ノコギリなどがあれば余分な部分を切り取ればスッキリします

パナソニック ルーロ MC-RS810
市場価格:8万7000円前後
幅:33cm
高さ:9.2cm
https://panasonic.jp/soji/rulo/mc_rs810.html
[楽天] [Amazon]

>>>ロボット掃除機についてもっと知りたい人は・・・
ロボット掃除機のおすすめは?【2019-2020最新比較】体当たり家電ライター藤山哲人さんに聞きました!

藤山哲人

Tetsuhito Fujiyama/体当たり家電ライター

「マツコの知らない世界」(番組史上最多の5回出演)「華大の知りたいサタデー」(生4回)「アッコにおまかせ」「NHKごごナマ」(生放送2回)「カンテレ ワンダー」(5回)「HBC 今ドキ!(生中継5回)」「CBC ゴゴスマ」(生放送2回)など多数の番組出演し、家電の紹介やしくみ、選び方や便利な使い方などを紹介するおじさん。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

家電の記事