CATEGORY

POSTED BY 料理家、レシピライター taki 掲載日: JUL 9TH, 2022.

鶏胸肉レシピ【13】彩り鮮やか、お弁当に入れたい「鶏胸肉の八幡巻き」

【毎週土曜12:00配信】近年、再び注目されている鶏胸肉。アレンジ次第でさっぱり系からご飯に合う一品まで、そのレシピのバリエーションは豊富。基本のゆで鶏から鶏胸チャーシューまで、気になる一品を連載でお届けします。これを機に鶏胸肉レシピのレパートリーを増やしてみませんか? 第13回目は、彩り鮮やかな「鶏胸肉の八幡巻き」を紹介。鶏胸肉を薄く開いたら、にんじんといんげんを巻いて、たれと一緒に照り焼きにしましょう。野菜の下ごしらえは電子レンジで簡単に、あとはフライパンひとつで作れるレシピ。甘辛しょうゆだれをしっかりからませたら、こんがりおいしい八幡巻きができあがり!

>>>鶏胸肉レシピ【12】簡単ホワイトソースで「鶏胸肉とブロッコリーのグラタン」

「鶏胸肉の八幡巻き」のレシピ

「八幡巻き」とは、京都の八幡に由来があり、元々はうなぎでごぼうやにんじんなどの野菜を巻く料理です。今では、牛肉でごぼうやにんじんを巻くレシピが主流になってきましたが、この記事ではお手軽に鶏胸肉を使って作ります。

中に巻く野菜は、火の入りやすいにんじんといんげんを使います。電子レンジで加熱して下ごしらえできるので、ゆでる手間いらずで作れますよ。

彩り鮮やかで、お弁当の主役になる一品。ちょっと難しそう……と思われるかもしれませんが、意外と簡単なので、ぜひ挑戦してみてください。

材料(1〜2人分)

  • 鶏胸肉……1枚(約300g)
  • いんげん……5〜6本
  • にんじん……2/3本〜1本
  • しょうゆ……大さじ1と1/2杯
  • 酒……大さじ2杯
  • みりん……大さじ2杯
  • 砂糖……大さじ1杯
  • ごま油……小さじ1杯
  • タコ糸(鶏胸肉を縛る用)

作り方

1. いんげんは洗ってヘタを落として半分に切ります。にんじんは洗って皮を剥き、いんげんに合わせた長さに切ったら、中心に向かって8等分になるようにくし切りに。

2. いんげんは耐熱ボウルに入れ、ふわっとラップをしたら、電子レンジ600Wで30秒ほど加熱します。

3. にんじんもいんげんと同様に、電子レンジ600Wで1分30秒ほど加熱します。

※加熱時間は目安です。適宜調整してください。

4. 鶏胸肉は皮と余分な脂を取り、厚い部分を薄く開きます。

5. 開いた鶏胸肉に、粗熱を取ったにんじんといんげんを中心に並べて置きます。

6. 鶏胸肉をしっかり巻き、崩れないようにタコ糸で縛ります。

7. 熱したフライパンにごま油をひき、焼き色がつくまで鶏胸肉を強めの中火で焼きます。

8. 焼き色がついたら弱火にして、調味料(しょうゆ・酒・みりん・砂糖)を入れます。

9. 調味料を入れたら蓋をして、鶏胸肉に火が入るまで弱火で軽く煮ます。

10. 鶏胸肉に完全に火が入ったら弱めの中火にして、水分を飛ばしながら調味料を煮からめます。

11. 調味料がからんだら火を止め、粗熱を取ります。タコ糸を外し、食べやすいサイズに切ったらできあがり。

煮詰めすぎるとしょうゆが焦げてしまうので要注意。ある程度調味料の水分が飛んだら火を止めてくださいね。残ったタレはあとからかけてもおいしいですよ。

意外と簡単に作れる「鶏胸肉の八幡巻き」。タコ糸を巻くのが難しい……と思うかもしれませんが、細かいことは気にせず、野菜が飛び出ないように縛れたら巻き方は何でもOK! ぜひ、気負わずに挑戦してもらいたい鶏胸肉レシピです。

【参考文献】
NHKエデュケーショナル, みんなのきょうの料理, 八幡巻き,https://www.kyounoryouri.jp/recipe/18025_八幡巻き.html

[All photos and recipes by taki unless otherwise noted.]

taki

taki/料理家、レシピライター

製薬会社を退職し、飲食業界へ。様々な店で修行しながら調理師資格を取得し、おべんとう屋"takiben"を創業。その後はレシピ開発やデザイン、レシピライターとして活動中。Web媒体へ多数のレシピ掲載実績を持つ。 「おうちの料理人のみなさんに、作る喜びを味わってもらえるような記事を目指します。」

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

レシピ/献立の記事