CATEGORY

POSTED BY ライター/パティシエ/ときどき通訳 sweetsholic 掲載日: NOV 29TH, 2020.

【キャベツ消費レシピ】鍋ひとつで完成!キャベツとガーリックチーズのコクうまパスタ

サラダに炒め物にお好み焼きにと、あれば何かと重宝する、ビタミン豊富なキャベツ。だけど、ひとり暮らしだったり、少人数世帯の場合、丸ごとひとつ使い切るのは大変! 買ったキャベツをなかなか消費しきれないときには、煮て食べるのもひとつの手です。煮るとカサが減るので、たくさん食べられるのがいいですね。

というわけで、今回はキャベツをたっぷり、おいしく消費する方法をご紹介。パスタとキャベツを一緒に茹でたらチーズで和えるだけの、超カンタンレシピです。

キャベツとガーリックチーズのパスタ

材料(2人分)

  • キャベツ…1/5コ(約200g/葉なら約6枚分)
  • お好みのパスタ…200g
  • ガーリックチーズ…70~80g
  • パルメザンチーズ(粉末状)…大さじ1+大さじ1(お好みで)
  • 海塩…10g水…1リットル

作り方

1. 大きめの鍋または厚底のフライパン(※中華鍋でも)に水を入れて、沸騰させる。中火にしてから海塩を加え、パスタを茹で始める。

2. パスタが茹で終わる2~3分ほど前に、ざっくり食べやすい大きさにカットしたキャベツを投入。

3. 茹で汁を1/2カップ分ほど残し、パスタとキャベツの汁気を切って鍋に戻したら、ガーリックチーズとパルメザンチーズを加えてよく混ぜ合わせる。

チーズが固まってしまうようなら、茹で汁を少しずつ加える。

※茹で汁を加えるとチーズがソースのようになめらかになり、パスタと絡みやすくなります。

4. 器に盛り付け、仕上げにお好みでパルメザンチーズを大さじ1/2ずつかけたら、お好みで黒コショウを挽いて召し上がれ!

レシピ、パスタ、ランチ、簡単レシピ、ひとり、チーズ、キャベツ、ベーコン

ガーリックチーズの代わりにクリームチーズでも!

ニンニクとハーブの風味豊かなガーリックチーズと、旨味たっぷりのパルメザンチーズで、淡白なキャベツパスタがコクのある一皿に。オイルベースのキャベツパスタもおいしいけれど、チーズとキャベツも実は相性抜群なんです!

ガーリックチーズが手に入りにくい場合、少々あっさり味になりますが、クリームチーズでもおいしく作れますよ。その場合は粉チーズではなく、「パルミジャーノ·レッジャーノ」または、それに近い「グラナパダーノ」をすりおろしたものを使うと、よりシャープでコクのある味が楽しめます。

ちょい足しでさらにおいしく

カリッと焼いたベーコンを混ぜ合わせても

パスタとキャベツを茹でているときに冷凍シーフードを投入したり、仕上げにスモークサーモン、あるいは焼いたベーコンをトッピングしたりしても美味。オリジナルのちょい足しを楽しんでみてくださいね。

[Recipe & All photos by sweetsholic]
Please do not use the images without permission. 

>>>予約をしないと完売必至!2021福袋おすすめ10選

>>>2020年で一番お取り寄せされたグルメ・スイーツは?「婦人画報のお取り寄せ」年間人気ランキングTOP5! | News

>>>真っ白!ふわふわ!SNSで話題の「雲パン」を作ってみたよ

sweetsholic

sweetsholic/ライター/パティシエ/ときどき通訳

海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター、パティシエ。現在の居住地は南フランス。海外のライフスタイルや、各国で学んだお料理などをみなさまと共有できればと思っています。 世界の文化とスイーツ、地中海料理、マレーシアが大好き。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

レシピ/献立の記事