CATEGORY

POSTED BY ライター ミモル 掲載日: MAY 23RD, 2022.

【東京のおいしいパン屋ルポ】ビストロの本格的なお味がコッペパンの具材に!?「2538Kitchen DELI coupe(ニコミヤキッチン デリコッペ)」

日常に小さな幸せを運んできてくれるパン。総菜パンからデザートパンまで種類は広がり、昨今は変化球パンも増えてきましたよね。イエモネ編集部が東京のおいしいパン屋さんをご紹介する「東京のおいしいパン屋ルポ」シリーズ、今回はロケ弁としても大人気な「2538Kitchen DELI coupe(2538キッチン デリコッペ)」さんを紹介します。どれもコッペパンに包まれつつも、全く異なる具材はおいしさも千差万別です! 

>>>【これは賢すぎる】SNSで話題のヤマザキ「串わらびもち」どこに売ってる?アレンジもしてみた!

北千住駅から徒歩7分のコッペパン屋さん

パン屋や和菓子屋が並ぶ通りに、「2538(ニコミヤ)」の文字を発見です! 木目調の看板から柔らかな空気を感じます。ランチや15~16時の夕方は並ぶこともあるとのことなので、それ以外の時間に来るほうがゆっくりパンを吟味できそう。

バルやビストロから始まった「2538」グループ。お酒を飲めない方でも気軽に専門料理を楽しめるようになってほしいという想いから、「デリコッペ」がスタートしたそう! 今では小学生から主婦、学生、60代の方まで幅広いお客さんに愛されるお店になりました。

中に入るとすぐ目に入るのがカテゴリ別のランキングが登場! 初めて来た方は順々に試すのもありですね。ドリンクにも力を入れていて、大人気のジンジャーエールは自家製ジンジャーシロップを3日かけて作っています。どんなお味なのかドリンクも気になりますね。

いざ注文です! 

陳列されていない商品だけでなく、陳列されている商品もお願いすれば「焼きたて」「揚げたて」の具材に変更してくれるそう! なんて優しい世界……。そしてデリコッペで大人気の「マシマシ」は、メインの具材をお得な料金でほぼ2倍にできます。学生の方は学生証を提示するとマシマシがひとつ無料ですよ~! 

インパクトのあるコッペパンばかりで、どれも気になってしまいます。コッペパンのパン生地は全粒粉。熊本県にいるパン職人から直送で届くそうです。盛り沢山の具材と相性のよいこだわりのパンにも要注目! 

”人気コッペパン”ランキングTOP3

第3位 大納言のあん生&クリームチーズコッペ

北海道の小豆農家さんより直接仕入れている極上の小豆「あかね大納言」と生クリーム、クリームチーズが入った贅沢なおやつコッペパン! コクのある生クリームとクリームチーズは相性が抜群で甘じょっぱさがたまりません。

こだわりの小豆を使った自家製あんこは洋酒を効かせた、少し特殊なあんこ。しかし豆の風味がしっかりと出ているあんこのお味は、ブレンドのお砂糖、コッペパン、生クリームとのバランスが完璧! 洋酒を効かせたと聞き、強いクセのあるお味かと思いきや、想像以上の優しい甘さに食べていて癒されます。

「大納言のあん生&クリームチーズコッペ」
価格 280円(税込)

第2位 厚切りローストポークコッペ

ローストポークがどんとのった「厚切りローストポークコッペ」。マスタードソースが一緒に入っているので、食べるときにお好みの量をローストポークにかけることができます。

横から見ても分厚いお肉。こちらのローストポークは半日じっくり火をいれて作られているそうなんです。とにかく柔らかくて、自宅では絶対実現できないお味と食感のおいしいお肉……! コッペパンでこんなにおいしいお肉が食べられるとは思ってなかったので感動しました。思わずビストロにも行きたくなってしまいます。

マスタード好きの筆者はすべてかけてみました。マスタードソースは辛すぎず、甘みもしっかりあるのでお肉との相性がバッチリです。お肉の下に入っているキャロットラペは野菜の甘みが出ていて、単体でも食べてしまいたくなります。ニンジンと紫キャベツはかなりシャキシャキとしているので食感も楽しめますよ~。

「厚切りローストポークコッペ 」
価格 378円(税込)

第1位 ビストロ海老マヨふりゃーコッペ

えびに大量のカダイフが付いている、人気ナンバーコッペパンの「ビストロ海老マヨふりゃーコッペ」。カダイフとはフランス料理で白身魚などにもよく使われる綿状の衣のことです。まさに、ビストロの知見があるからこそ為せるコッペパンですよね。

「冷めてもパリパリが続く」という社長さんのお話の通り、購入4時間後に食べた筆者もパリパリ食感を味わうことができました! ソースがかかっている部分はしっとりしているので、異なる食感を味わえるんです。肝心の海老は身が太くてプリプリ。贅沢感が最高ですね……! 敷き詰められているたまごマヨは、期待を裏切らない安定のおいしさで、大きめに切られたたまごの白身が食感のアクセントになっていました。

「ビストロ海老マヨふりゃーコッペ 」
価格 410円(税込)

番外編

リピート率1位2位を争う「ビストロトリゴボウコッペ」

太いゴボウがずっしりと構えている1度見たら忘れられない一品です! ゴボウは醤油とお酒を使って柔らかく炊いているそうで、想像以上の柔らかさに筆者も驚きました。噛んだ瞬間にジュワッと音が鳴るかのように、ゴボウの魅力が最大限引き出されています。

ゴボウに目が行きがちですが、中身の具材は他にもたっぷり。自家製のスモークチキンはしっかりとした厚さで満足感がありますよ。ビストロでもよく使われるポルトソースは甘めなので、全体的にやさしいお味に仕上がっています。名前と見た目とお味のギャップがナンバーワンなのでぜひお試しあれ。

「ビストロトリゴボウコッペ 」
価格 378円(税込)

お酒のおつまみにもピッタリ「大人のハムたまごコッペ」

プロシュートとたまごが挟まった「大人のハムたまごコッペ」。こだわりのたまごを使い、カットは粗め! プロシュートとの相性はバッチリです。具材だけでも販売されているのでお酒のつまみにもよさそうです……! 

「大人のハムたまごコッペ」
価格 346円(税込)

朝食にもおやつにもおつまみにも

2階にはイートイン席があります。席数は少なめですが窓に沿って置かれた席は開放感があり落ち着きそう。どんな場面でも合うこと間違いなしなラインナップと本格的な具材は、一度食べたら虜になってしまいます……! 

コッペパンの賞味期限は購入当日までですが、冷蔵庫で保存すれば翌朝でもおいしく食べられます。その場合は食べる前に20秒程度レンジで温めるとよりおいしくいただけますよ~。

※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。
※店舗営業については最新情報をご確認ください。

ミモル

mimoru/ライター

いろんなアーティストのライブに行ったり都内のカフェを巡ったり、はたまたひたすら家でのんびり読書したりと、アウトドアとインドアを行ったり来たり。おすすめされれば何でもやってハマってしまう影響受けまくり人間です。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

スイーツ/パンの記事