CATEGORY

POSTED BY ライター こもり 掲載日: NOV 25TH, 2019.

【成城石井】何個でも食べられそう。バスクチーズケーキ

2019年のトレンドスイーツ、タピオカと並ぶ勢いのバスクチーズケーキ。スペイン・バスク地方で親しまれる、表面を真っ黒に焦がしたチーズケーキです。今やコンビニ各社からも発売され、日本でも定番のスイーツになりました。成城石井のバスクチーズケーキは、ほろ苦さと濃厚なチーズの味わいが癖になる大人スイーツ。ティータイムのお供はもちろん、おつまみにも! ご紹介します。

【成城石井】バスクチーズケーキ
成城石井のバスクチーズケーキは北海道産純生クリーム使用で保存料不使用。1個80g、399円(税抜)

バスクチーズケーキって?

スペイン・バスク地方で親しまれるチーズケーキ。バスクチーズケーキの一番の特徴は、あえて表面を焦がすこと。焦がすことによってほろ苦さがプラスされ、チーズの濃厚さを楽しむことができるんだとか。見た目はシンプルですが、たしかに香ばしくキャラメリゼされています。どんなお味なのでしょうか?

実食!成城石井のバスクチーズケーキ

早速いただいてみましょう! 半分に切ってみると滑らかな断面が現れました。見た目はベイクドチーズケーキですが、食べてみると、とっても柔らか。レアチーズケーキとベイクドチーズケーキの中間というところでしょうか?

濃厚でクリーミーなチーズが口の中でふわーっと溶けてなくなります。甘さは控えめで、キャラメリゼされたほろ苦さも手伝ってしつこくない飽きのこないおいしさ。何個でも食べられそう。この上品な味わいはワインに合うに違いない。

>>>成城石井の人気商品をもっとチェック!

冷やしてみました

断面からもわかるように、冷えてチーズが硬くなっています。フォークを入れると、そこからも硬さが伝わってきました。口に入れると、口の温度でさーっとチーズケーキが溶けていく。冷やす前のふわっとした感触とはまた違った溶け心地。さっぱりスッキリ溶けていきます。

チーズが硬くなったことで、よりチーズ感が強くなり、ちびちび食べにピッタリ! ワインのお供にするなら冷やしたいところ。 硬さが出て食べ応えもアップ。

温めてみました

お次は温めてみることに。600wの電子レンジで20秒。プスプスと音がするくらい温まってしまいましたが、フォークで切ってみると崩れてしまうほどの柔らかさになりました。

すくって持ち上げてみるとプルプルとした食感になっているのがわかります。口に入れてみると、これはもうチーズフレーバーのプリン! プルプル、トローっとした食感が合わさり、たまらないおいしさです。濃厚なチーズの味わいも、優しく口一杯に広がります。

どの食べ方もそれぞれのおいしさがあり、2個丸ごとあっという間に完食してしまいました。シチュエーションや、合わせる飲み物の種類によって食べ方を変えても楽しいですね!

成城石井のバスクチーズケーキはシンプルなケーキかなと思いきや、食べ方によってガラリと印象を変える奥深い逸品でした。ご褒美に、お土産に大活躍しそう! おひとついかがですか?

>>>成城石井の人気商品をもっとチェック!

成城石井 バスクチーズケーキ
内容量 1個 399円(税抜)
賞味期限 4日間

◆今回の商品を購入した店舗
成城石井 芦花公園店
〒157-0062東京都世田谷区南烏山2‐31‐26 ウテナ本社ビル1F
03-5315-5622
10:00-23:00
https://www.seijoishii.co.jp/shop/details/58

[All Photos by Komori]

こもり

Komori/ライター

東京の片隅で夫・娘2人・黒猫と暮らしている新米ライター。広告代理店制作部、デザイン事務所などでのグラフィックデザイン仕事を経てフリーランスに。食べる事が好き過ぎて、遂に!食べ物への愛を文字に乗せて発信することに。美味しい!と思ったものは何回も食べてしまうタイプです。特にいか・エビ・寿司・ラーメンに目がない。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事