CATEGORY

POSTED BY ライター kanoa 掲載日: OCT 8TH, 2019.

「うえのの森のパンやさん」のパンダパンがどれも可愛い

ロッテリアが運営するフードコートL’UENO内にある、「うえのの森のパンやさん(フォルサム 上野公園ルエノ店)」。上野といえばパンダですよね。その期待に応えるべく、こちらの店内にはたくさんの種類のパンダパンが並びます。パンダ好きにはもちろん、上野土産としてもおすすめ。今回は、数あるパンダパンの中からいくつか厳選して実食ルポ!

JR上野駅不忍口改札からも、京成上野駅からも徒歩2分という便利な場所に、ロッテリアが運営するフードコート「L’UENO」があります。その一角の人気パン屋が、「うえのの森のパンやさん(フォルサム 上野公園ルエノ店)」です。

うえのの森のパンやさん(フォルサム 上野公園ルエノ店)

ズラリと並ぶ可愛いパンダパンから、厳選でご紹介します。

どこでもぱんだパン

「どこでもぱんだパン」1本1080円/ハーフ540円

まずは、どこで切っても断面にパンダの顔が出てくる、金太郎飴風の「どこでもぱんだパン」。1本買うと限定ぱんだBOXに入れてくれます。

※限定ぱんだBOXは、上の店頭写真の左側にある、ブルーとピンクのパンダ顔のボックスです。

どこでもぱんだパン
ひとつひとつ表情が違う

ご覧の通り、切ってみるとどの子も少しずつ表情が違います。あなたのお好みはどの子でしょうか〜。ココア生地の風味がアクセントになっていて、ほの甘いおいしさ。

トーストになったこげパンダ

そのまま食べるのが一番かなと思ったら、意外とトーストにしたときがおいしかったです。パンダの顔を焦がすのはちょっと心が痛いけど、お試しあれ。

パンドーロプレーン

パンドーロプレーン パンダ
親子パンダの顔が並ぶパンドーロプレーン 200円

こちらは新商品のパンドーロプレーン。 ブリオッシュタイプの生地が山型に焼き上げられています。上品な甘みでふんわり食感。

中はほんのり黄色い生地

L’UENOあんパン

L’UENOあんパン 250円

パンダの焼印がキュートなL’UENOあんパンは、四角いあんパンという形もおしゃれで、手土産に喜ばれそう。

切ってみると、こんな感じ。パンの生地は、ほの甘いタイプです。

キューブ型のパンは他にも、親子パンダがデザインされたバージョン「祝 赤ちゃんパンダキューブパン(チョコ&カスタード/キューブあんパン)」や、パンダの着ぐるみをきた親子コアラの「キューブパン(チョコ&カスタード)」なども。

ちなみに、お店の一番人気は、「絶品カレーパン」。 まわりはコーンフレークでサクサク食感、中は仔牛のフォンド・ボーと野菜の旨味がつまっています。

※価格はすべてお持ち帰り時の税込価格です。
※商品名、価格、仕様、発売時期、品揃え等は変更される可能性がございます。

うえのの森のパンやさん(フォルサム 上野公園ルエノ店)
https://www.lotteria.jp/shop/113128/
〒110-0007 東京都台東区上野公園1番57号 L’UENO内
03-6806-0430
6:30-22:30

[All Photos by kanoa]

kanoa

kanoa/ライター

自由とときめきを愛するライター。2児の母。都会のマンション暮らしを満喫しつつも、いつか田舎に移住し、縁側のある古民家に住みたいと憧れている。旅先で「ここでしか買えないお土産グルメ」を探すのが好き。特にパン屋を見つけると買わずにはいられない。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事