CATEGORY

POSTED BY ライター 林美由紀 掲載日: SEP 26TH, 2020.

タオル、ゴワゴワ?それなら洗うごとにふっくら膨らむ「育てるタオル」を使いましょ。

タオルは使う度に少しずつくたびれてゆくもの。また、そんなに使っていないのに素材なのか洗い方が原因なのか・・・なんだかガサガサした肌触りのタオルになってしまった、なんてこともあるかもしれません。そんなおうちのタオルがガサガサ派のみなさんにご紹介したいのが、洗うごとにふっくら膨らむタオル「育てるタオル」です!

タオル 育てるタオル やわらかいタオル いいタオル ホテルみたいなタオル A-Z Corporation スポンジーコットン100 いいタオル

毎日、ゴワつくタオルを使いながら「仕方ない」と諦めてしまっている……。
それ、もったいないですよ!

だって、使うほどにふっくらするタオルがあるんですから。

「育てるタオル」とは

温泉タオルから始まり、50年以上タオルを作り続けてきたA-Z Corporation 。

その「知識・技術」 と 特殊技術によって撚られた新しい糸「スポンジーコットン100」によって誕生したのが「育てるタオル」です。

糸が空気を含み、洗う度にふんわりとする。
そして、膨らむと吸水性が高くなり、すぐに乾き、とても軽いという特徴があります。

もしかして、これって、タオルとして欲しい条件をすべてクリアしているんじゃないでしょうか!?

こだわり

「育てるタオル」は、長く使い続けてもらいたいという思いから、主張し過ぎず、それでいて気分を上げてくれる色合いと使い勝手のよいサイズに仕上げているといいます。

毛羽落ちせず糸がかりしないという絶妙なパイルの長さによって、タオルの痩せを防ぎ、やわらかな風合いや吸収力などが持続するのだそう。

軽さと丈夫さを兼ね備えたヘムの作りなど、細部のすべてにもこだわっているんですって。

新シリーズ「yellow ribbon (イエローリボン)」

黄色いリボンが目を引く「育てるタオル」

そんな「育てるタオル」の新作が9月に発売されたばかりの「yellow ribbon (イエローリボン)」。

お家のバスルームがパッと華やぐようなイエローのリボンが特徴的。

「タオルだってインテリアの主役になれる」そんな願いを込めたデザインとなっているそうです。

サイズは3種、カラーはそれぞれ4種

種類はバスタオル、ボディタオル(スポーツタオル)、ミディタオル(フェイスタオル)があり、カラーは、shiro、nezu、kon、fujiの4色です。

お風呂上がりや顔を洗った後は、ふんわりとしたタオルに包まれたい・・・。

そう、もうゴワゴワタオルは卒業しましょう。

だって、拭いて、洗って、乾かすほどにふっくら膨らんでいくタオルだなんて、最高じゃないですか!?

商品名:[育てるタオル] yellow ribbon bath(バスタオル)
価格:4,500円(税抜)
URL>>>https://at-az.com/?pid=153851718

商品名:[育てるタオル] yellow ribbon body(スポーツタオル)
価格:3,500円(税抜)
URL>>>https://at-az.com/?pid=153851829

商品名:[育てるタオル] yellow ribbon middy(フェイスタオル)
価格:2,500円(税抜)
URL>>>https://at-az.com/?pid=153851887

>>>無印良品で買ってよかった商品ランキング【編集部おすすめアイテム9選も】

>>>イケアで買ってよかったおすすめ商品ランキング【レストラン紹介や裏技、編集部おすすめ16選も!】

>>>どうして昆布をタオルにした!?でも、意外と水場に映えるかもしれない。

関連するタグ

林美由紀

Miyuki Hayashi/ライター

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスライター。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、クモの巣、絵本、漫画、子どもなど。グッとくる雑貨、ハンドメイド作品、文具、生き物、可愛いものとヘンテコなものを日々探しています。いつか絵本作りに携わりたいです。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

生活雑貨の記事