CATEGORY

POSTED BY ライター/パティシエ/ときどき通訳 sweetsholic 掲載日: OCT 13TH, 2020.

【知っ得ライフハック】おうちにあるもので、頑固なラベルやシールをはがしてみよう

キッチン用品に雑貨、家具から家電製品まで、おうちのモノを新調するのって楽しいですよね。ただ、その際につきまとうのが、ラベル&シール問題と言えるかも。はがしている途中で切れてしまったり、シールのあとが汚く残ってしまったり・・・。シールを上手にはがすコツってないものでしょうか? 

そこで今回は、おうちにある身近なものを使って、瓶やボトルに貼ってあるラベルや、くっついたシールをはがす実験をしてみたいと思います。

ジャムの瓶やボトルのラベルは水で落とす

まずは筆者が日常的に行っている、ラベルはがしの裏ワザをご紹介します。

形が可愛いジャムやはちみつの瓶は、食べ終わったあともキープしたい! そんなときに役立つのが、水に浸ける方法です。用意するものは、瓶を浸けておくボウルまたはシンクと水。

ビンやボトルに貼ってあるラベルは、指だとなかなかうまくはがせませんが、瓶を水に数時間つけておくとスルッと落ちます。

ものによってはスルッとははがれないこともあるので、そのときは他の方法を試してみてくださいね。

今回は実際に水だけでは落ちなかった、頑固なはちみつ瓶のラベルを他の方法で試していきます。

ドライヤーで温める

ドライヤーの熱風で、シールの粘着力を弱める方法を試してみましょう。用意するものは、ドライヤーです。シールの部分を少しだけはがし、ドライヤーの熱風をあてて、はがれてきたところから指でゆっくりはがします。

ドライヤーの熱風で、はちみつ瓶の頑固なラベル(前面)がはがれました!! 熱風はかなり熱いので、火傷にも気をつけましょう。素材によっては熱に弱いものもあるので、お気をつけくださいね。

ビネガー&ラップ

続いて酸のチカラを利用して、ラベルの粘着力を弱める方法を試してみます。用意するものは、ビネガーとラップ、そしてコットン。

シールやラベルの部分にビネガーを含ませたコットンを貼り付け、ラップを巻き、10分程度そのままに。

うーん···。この方法だとはちみつ瓶のラベル(後面)をはがしきれず、跡が残ってしまいました。

取り残しは消しゴムで!

上記の方法を試してみたけれど、シールやラベルが少し残ってしまった。あるいは、取った後のベタベタが気になる。そんなときは、消しゴムを使ってみましょう。

ゴシゴシしたら、すっかりきれいに! 

ドライヤー、ビネガー&ラップ、そして消しゴム。この3つの方法で、頑固なラベルのはちみつ瓶が、すっかりきれいになりました。やったー! シールやラベルがなかなかはがれないときには、身近なもので試してみるといいかも~。

[All photos by sweetsholic]
Please do not use the images without permission.

>>>【100均ライフハック】食器洗い・掃除が楽になる!「キッチンスポンジ」4つの切り込み術

>>>【100均ライフハック】まさに神!「水切りネット」の家事楽活用アイデア7選

>>>【知っ得ライフハック】衣替えの困りごと1位の「⻩ばみ」は落ちるの?お洗濯マイスターに聞く

関連するタグ

sweetsholic

sweetsholic/ライター/パティシエ/ときどき通訳

海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター、パティシエ。現在の居住地は南フランス。海外のライフスタイルや、各国で学んだお料理などをみなさまと共有できればと思っています。 世界の文化とスイーツ、地中海料理、マレーシアが大好き。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

家事の記事