CATEGORY

POSTED BY ライター 秋山悠紀 掲載日: SEP 16TH, 2019.

使うのはダイソーのアイテムだけ!省スペースでシンプルな段ボールストッカーが便利

ネットショッピングをよく使っていると、商品が梱包されている段ボールがどんどん家に溜まっていきませんか?回収日までに保管しておこうとしても、たくさんの段ボールがぐちゃぐちゃのまま物置に入っているという人も多いでしょう。そんな人におすすめしたいのが、段ボールをスッキリ収納できる段ボールストッカー。さまざまなメーカーから段ボールストッカー商品は登場していますが、ダイソーのアイテムだけで簡単にDIYすることができます。そこで作り方とその特徴をご紹介!

ダイソー 段ボールストッカー 100圴DIY

一時的な保管のために、段ボールをまとめて収納できる段ボールストッカー。実は最近インスタグラムでは、この段ボールストッカーを100円アイテムを使ってお得に手作りしている人が急増中なんです。ということで今回は、ダイソーの商品を使ってDIYが苦手な人でも簡単に作れる段ボールストッカーの作り方を紹介します。

予算は1000円以内!必要なアイテムはこの8点

ダイソー 段ボールストッカー 材料

今回使用するダイソーアイテムは大人気のスチールラックで使うパーツ8点です。ダイソーで売られている中でも最も横長なジョイントラック(横45cm×奥行き25cm)、ポール4本、固定部品、専用キャスター。ポールは4本を同じ長さにしても問題ありません。

組み立ては簡単!5分も経たずに完成!

材料をそろえたら、あとは組み立てていくだけ! まずは、固定部品を取り付けたポールをジョイントラックの四隅に差し込んでいきます。ハンマーで軽くたたくと、しっかりと差し込めます。

ダイソー 段ボールストッカー 100圴DIY 組み立て

四隅すべてにポールを差し込んだら、底のアジャスターを取り外して、専用キャスターを回し入れていきます。

キャスターがすべて入ったらこれだけで完成! なんと10分も経たずにできあがりました。

ごちゃごちゃしていた段ボールがスッキリ収納できる

これまで筆者宅では、溜まっていく段ボールは和室にまとめてとりあえず空いている場所にたてかけていました。しかし、軽い段ボールはたてかけられずにそのまま畳の上にベタ置き状態になって不格好になったり、大きさの異なる段ボールが不揃いなまま乱雑におかれていたりして、とにかくごちゃごちゃしていました。また段ボールをそのまま畳の上に置くことで畳が傷つきそう…。

ティッシュ箱ほどの奥行きしかない省スペースさ

それが今回作った段ボールストッカーで段ボールを収納してみると、こんなにもスッキリ!奥行きもティッシュの箱の長さと同じくらい。まったく場所を取らず、省スペースで段ボールが収納できました。

小さな段ボールも、ポールがあるおかげで落ちずにしっかりと棚に収まってくれています。

収納したまま結束もできるスグレモノ

このダイソーで作った段ボールストッカーの特徴のもう一つに、収納したまま結束ができてしまう点が挙げられます。段ボールをひもで縛るときって、1枚1枚重ねて段ボールの層をまとめなくてはいけませんよね。

しかしこの段ボールストッカーなら、収納した時点で段ボールがまとまっているので、この状態のままひもで縛ることができるんです!これは時短になって便利!またキャスターが付いているから、いつも保管している和室から次の日に出すゴミを準備しておく玄関までの移動もラクラクです。

ダイソー 段ボールストッカー 100圴DIY

段ボールの収納に困っている方は、ぜひダイソーのアイテムで簡単DIYしてみてはいかがですか?

◆今回のアイテムを購入した店舗
ダイソー オリンピック東川口店
住所 埼玉県川口市戸塚3-5-30オリンピック東川口店3階
営業時間 10:00-20:00

※ご紹介した活用法は、イエモネ編集部/ライターの考案したものであり、(株)大創産業の監修を受けたものではこざいません。
※掲載商品については予告なく廃盤、仕様変更等が発生する場合がございます。予めご了承ください。
※店舗によって品揃えが異なり、在庫がない場合がございます。

お問い合わせ先  ダイソー:https://www.daiso-sangyo.co.jp/

[All Photos by Yuki Akiyama]

秋山悠紀

Yuki Akiyama/ライター

女性のライフスタイル、子育て、社会、旅、ドラマ、映画などについて執筆中。都心の古アパートから自然豊かな郊外の戸建てに引っ越し、子育てとズボラな家事をしながら夫とともにローン返済に追われる日々を過ごしています。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事