CATEGORY

POSTED BY ライター こもり 掲載日: NOV 10TH, 2019.

やみつき注意!カルディのプレッツェル2種

ドイツ発祥の焼き菓子プレッツェル。海外ではポピュラーなお菓子ですが、最近は日本でもよく目にするようになりました。コーヒーと輸入食品の専門店カルディで見つけたプレッツェルは、出会わなかった方がよかったかもしれないと思ってしまうほどのやみつきお菓子。プレッツェル独特の歯応えとフレーバーで無限ループが止まりません。ご紹介します!

ペンバートン ハニーマスタード プレッツェル&ナッツミックス 100g」「ザ・プレッツェル ミルクチョコプレッツェル 102g」
左が「ペンバートン ハニーマスタード プレッツェル&ナッツミックス 100g」
右が「ザ・プレッツェル ミルクチョコプレッツェル 102g」。どちらもアメリカ生まれの商品。

プレッツェル ミルクチョコプレッツェル 102g

まずは甘い方から。こちら冬季限定商品。プレッツェルをミルクチョコレートでコーティングしてあります。

2、3口で食べられちゃいそうなサイズ。封を開ければ甘いチョコレートの香りが漂います。102gと結構いっぱい入っていて食べ応え十分。

プレッツェルが笑ってますか? 早速いただいてみましょう! 一口かじるとザクザクとしたワイルドな歯応えと、アメリカンなミルクチョコレートの甘さが広がります。甘目だけど嫌じゃない、むしろどんどん食べたくなるおいしさ。

そして、プレッツェルの特徴である塩味。この塩味、日本じゃなかなかお目にかかれない濃さ。甘めのミルクチョコレートと濃いめの塩味のコントラストが驚きのおいしさです。しかも、味わえば味わうほど口に運びたくなるやみつき味。

ザ・プレッツェル ミルクチョコプレッツェル
内容量 102g 298円(税込)
賞味期限 別途商品ラベルに記載 ※製造から10カ月
>>>カルディオンラインショッピングサイト

>>>カルディのおすすめ商品をもっとチェック

ペンバートン ハニーマスタード プレッツェル&ナッツミックス 100g

お次はしょっぱい系。ざっくり割ったプレッツェルにハニーローストしたカシューナッツとアーモンドを加えたザクザク食感がやみつきになるミックススナック。酸味と甘みが絶妙なハニーマスタード&オニオン味。100g入りでこちらもたくさん入っています。

ハニーマスタードと小耳に挟んだだけで、ピクッとしてしまう人いませんか?筆者はそのうちの1人。ハニーマスタード味に目がない。そのハニーマスタードにオニオンが加わったと聞いたら、食べないわけにはいきません。早速こちらもいただいてみましょう!

とりあえず、ごっそり掴んで口に放り込んでみました。ざっくり砕いたプレッツェルのガリガリとした歯応え、カリカリしたアーモンド、優しい噛み心地のカシューナッツ。それぞれの異なる食感でお口の中がとても賑やか! 甘酸っぱいハニーマスタードとオニオンの出会いはバッチリやみつき味を形成しています。これはおいしい!

一口目が落ち着いたら、今度はプレッツェルだけ食べてみることに。ざっくり砕いたプレッツェルの断面にハニーマスタード&オニオンの味が染み込んでいます。これがとんでもなくおいしい! 染み込んでいればいるだけおいしいので、すなわち小さく砕かれたプレッツェルはとってもおいしい! 

カシューナッツとアーモンドにもしっかりハニーマスタード&オニオンパウダーがまぶされています。しっかりした味わいは間違いなくビールに合う。ハニーマスタード好き集合!!やめられない止まらないで、気づけば一袋完食。

カルディで出会った2つのプレッツェルは、やみつき決定のおやつでした。甘い系としょっぱい系とで2種類交互に食べてみたら、これがもう無限ループでどこでやめたらよいのかわからないほど。知ったら最後止められないプレッツェル 、いかがですか?

ペンバートン ハニーマスタード プレッツェル&ナッツミックス
内容量 100g 298円(税込)
賞味期限 別途商品ラベルに記載 ※製造から12カ月
>>>カルディオンラインショッピングサイト

>>>カルディのおすすめ商品をもっとチェック

※商品名、価格、仕様、発売時期、品揃え等は変更される可能性がございます。

◆今回のアイテムを購入した店舗
カルディコーヒーファーム 東京ソラマチ店
住所:〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ 2F
電話番号:03-3626-3320
営業時間:10:00-21:00
定休日:施設に準ずる
https://map.kaldi.co.jp/kaldi/detailMap?account=kaldi&bid=288&adr=13&pgret=2

[All Photos by Komori]

こもり

Komori/ライター

東京の片隅で夫・娘2人・黒猫と暮らしている新米ライター。広告代理店制作部、デザイン事務所などでのグラフィックデザイン仕事を経てフリーランスに。食べる事が好き過ぎて、遂に!食べ物への愛を文字に乗せて発信することに。美味しい!と思ったものは何回も食べてしまうタイプです。特にいか・エビ・寿司・ラーメンに目がない。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事