CATEGORY

中山秀明

POSTED BY ライター/編集/フードアナリスト 中山秀明 掲載日: FEB 1ST, 2023.

【食のプロがコンビニのガトーショコラ食べ比べ】全6種の味の違いは?

49人の読者が参考になると評価

もうすぐバレンタインですね。バレンタインといえばチョコスイーツが連想されますが、なかでも定番なのがガトーショコラ。今回はコンビニで手軽に買える商品に注目し、ローソン、ファミリーマート、セブン-イレブンと、おなじみブラックサンダーのガトーショコラも加えて食べ比べました。全6商品の味の違いを詳しく紹介します。

ローソン、ファミリーマート、セブン-イレブン、ブラックサンダーのガトーショコラを計6商品食べ比べます

【ローソン】冷蔵と冷凍どちらもハイクオリティ

生ガトーショコラ。税込235円(234kcal、炭水化物18.2g/糖質17.0g、コスモフーズが製造)

ローソンからは冷蔵と冷凍の2商品を紹介します。

前者「生ガトーショコラ」は、2021年9月のデビューから人気を博し定番化した商品。クーベルチュールチョコレートや生クリームを使用したしっとり食感の生地に、余韻すっきりのクリームとパリパリのチョコソースがアクセントに。

生地、クリーム、ソースとそれぞれのタッチや口どけが異なり、おいしさのグラデーションが楽しめます。クリームとチョコソースが主張しすぎないのもポイントで、やはり主役はガトーショコラ。全体的になめらかでリッチな味わいに仕上がっています。

生ガトーショコラ
235円(税込)
https://www.lawson.co.jp/

カカオ香るガトーショコラ。419円(1個62gあたり271kcal、炭水化物19.9g/糖質17.5g、味の素冷凍食品が製造)

冷凍タイプの「カカオ香るガトーショコラ」は、自然解凍で待たなくてもすぐ食べられるのが魅力。エクアドル産カカオ豆を使った、コク深い味わいも特徴です。

こちらはよりオーセンティックなガトーショコラで、ずっしり、どっしりとしたタッチと、ねっとりとろけるテクスチャーが絶品。ほろ甘濃厚でビター感もあり、やや硬めの生チョコレートといった印象です。

やさしいパッケージデザインとは裏腹に、かなり重厚感のある仕上がりで、個人的には「生ガトーショコラ」よりも好きですね。

カカオ香るガトーショコラ
419円(税込)
https://www.lawson.co.jp/recommend

ファミリーマート】フォンダンショコラ好きならコレ!

とろけて美味しいガトーショコラ。税込388円(1個50gあたり234kcal、炭水化物19.4g/糖質19.3g、味の素冷凍食品が製造)

ファミリーマートには常温のチョコスナックと冷凍スイーツがあり、後者の「とろけて美味しいガトーショコラ」から紹介。パッケージには「電子レンジ調理専用」と書いてありますが、裏面には自然解凍の時間(室温で30分~)も表記されています。

ガナッシュを閉じ込めたガトーショコラになっており、レンジで温めるとチョコソースがとろりと出てくるのが魅力。甘みもチョコの香りもはっきりしていて、ボディもしっかりした濃厚テイストに仕上げられています。

ビター感はほどほどで、これは万人受けする味。もはや、フォンダンショコラですね。

とろけて美味しいガトーショコラ
388円(税込)
https://www.family.co.jp/goods

しっとり食感ガトーショコラ風チョコ。税込138円(1袋あたり332kcal、炭水化物34.0g/糖質31.6g、正栄デリシィが製造)

チョコスナックタイプは「しっとり食感ガトーショコラ風チョコ」。ココアクッキーにチョコ生地をかけた、ガトーショコラ風のお菓子となっています。

ミルク感の強いチョコで、甘みも豊か。ビター感やコクは控えめでカジュアルな印象です。しっとり感を前面に出してサクサクを抑えたチョコスナックになっており、あくまでも「ガトーショコラ風」なのですが、ちょい食べに適した手軽さではナイス。

しっとり食感ガトーショコラ風チョコ
138円(税込)
https://www.family.co.jp/goods

【セブン-イレブン】手軽さとおいしさが両立

濃厚ガトーショコラ。税込321円(2切あたり183kcal、炭水化物21.4g/糖質19.7g、プレシアが製造)

セブン-イレブンでは1商品しか見つけられなかったのですが、あらためて抜群の完成度に驚かされました。ご存知の方も多いであろう有名商品「濃厚ガトーショコラ」です。

それは、手軽さとおいしさの両立。しっとりとした生チョコ感のある本格ガトーショコラでありながら、常温商品となっていて、賞味期限も1カ月以上と比較的長め。親切なことに小さいプラフォークが付いているのですが、これはエコとコストカットの観点から賛否両論あるかもしれません。

見た目は素朴で甘さはやや強めですが、濃厚ボディのわかりやすいおいしさはお見事。王道のセブン-イレブンらしい傑作といえるでしょう。なお、店舗によっては冷蔵の「ほろほろ食感ガトーショコラ」(税込421円)なども販売されています。

濃厚ガトーショコラ
321円(税込)
https://7premium.jp/product
※一部店舗では取扱いされておりません

【ブラックサンダー】“らしさ”が光る大人フレンドリーな味

ブラックサンダーしっとり深みガトーショコラ。税込62円(140kcal、炭水化物12.8g)

ラストは、コンビニでも定番のナショナルブランド、有楽製菓の「ブラックサンダー」から。リニューアルして12月からコンビニ先行販売(現在はスーパーマーケット、ドラッグストアでも販売)されている、冬季限定の「ブラックサンダーしっとり深みガトーショコラ」を紹介します。

随所に素材へのこだわりが詰まっており、エクアドル産カカオ豆を採用したクーベルチュールチョコレート、北海道産生クリーム、高級ブランデー「コニャックV.S.O.P」などを使用。確かにエレガントな香りとリッチなコクがあり、通常のブラックサンダーよりも大人な仕上がりです。

それでいて、ほどよいサクサク感があるのはファンにとってうれしいポイント。ブラックサンダーらしいガトーショコラでした。

ブラックサンダーしっとり深みガトーショコラ
62円(税込)
https://blackthunder.jp/item/1-120/

バレンタイン商戦が本格化するなか、本記事で紹介した手ごろでおいしいガトーショコラにも注目いただきたいところ。義理チョコにもオススメなので、ぜひご活用ください!

※各コンビニで購入。商品名、価格、仕様、品揃え等は変更される場合があります。
[All Photos by Hideaki Nakayama]

中山秀明

Hideaki Nakayama/ライター/編集/フードアナリスト

食の分野に詳しいライター兼フードアナリスト。雑誌とウェブメディアを中心に編集と撮影を伴う取材執筆を行うほか、TV番組や大手企業サイトのコメンテーターなど幅広く活動中。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

スイーツ/パンの記事