CATEGORY

POSTED BY ライター/パティシエ/ときどき通訳 sweetsholic 掲載日: AUG 30TH, 2020.

真似したい!新感覚のおいしさ、ヨーロッパのひんやりパン料理

夏の蒸し暑い日には特においしい、そうめんやざるそばなどの冷たい麺料理。麺を茹でるだけ、薬味を添えるだけのお手軽さも魅力ですよね。でも、食卓の登場頻度が高いと、さすがにちょっと・・・。そんなときには、麺類から少し離れて、パンを使ったひんやりメニューはいかがでしょう? おいしいくてカンタン、野菜もたっぷりとれる、いいことづくしの冷たいパン料理をご紹介します。

パンで作る冷製スープ「ガスパチョ」

夏野菜たっぷり、とろ~り濃厚な「ガスパチョ」。夏の暑さがきびしい、スペイン南部·アンダルシア生まれの冷たいスープです。とろみの秘密は、パン! トマトやキュウリなどの夏野菜とパンをミキサーにかけて作ります。カリッとトーストしたパンを浸しながら食べると最高! 作り方など、詳細はイエモネ姉妹サイトTABIZINEのこちらをご覧ください。

パンがサラダに変身! 「パンツァネラ」

シャキシャキとした夏野菜、チーズのようにしっとり濃厚な冷たいパンが新感覚なおいしさの「パンツァネラ」。食とワインが有名なイタリア中部·トスカーナ生まれのパンサラダです。いつものサラダにちぎったパンを加えるだけ···のお手軽さ! レシピも簡単で、カットしたキュウリとトマト、薄くスライスした赤玉ねぎにちぎったパンを混ぜ込み、オリーブオイルとビネガー、塩·コショウで味付けすればできあがりです。

パパッと作れるひんやりおつまみ「ブルスケッタ」

サクッとトーストしたパンに、ジューシーなトマトの角切りをたっぷりのせた「ブルスケッタ」。イタリアはローマ発祥の、言わずと知れたオーブンサンドです。温かいパンと、冷たいフィリングのコントラストは抜群のおいしさです。トマトに角切りスイカやフェタチーズを混ぜ合わせても美味。作り方など、詳細はイエモネ姉妹サイトTABIZINEのこちらをどうぞ!

麺料理に飽きたとき、あるいはパンが残っているときに、試してみてはいかがでしょう? どれも一度味わったら、病みつきになってしまうおいしさですよ! 

[Photos by Shutterstock.com] 

>>>【フランス流シンプルで豊かな暮らしのヒント】バックナンバーはこちら

>>>それ、不要かも!?自称ミニマリストが断捨離してよかったと実感したアイテム5つ

>>>料理上手になりたい一人暮らし必見!【2】ひとりごはんの絶品ズボラ飯まとめ

sweetsholic

sweetsholic/ライター/パティシエ/ときどき通訳

海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター、パティシエ。現在の居住地は南フランス。海外のライフスタイルや、各国で学んだお料理などをみなさまと共有できればと思っています。 世界の文化とスイーツ、地中海料理、マレーシアが大好き。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

料理/コツの記事