CATEGORY

POSTED BY ライター mari.M 掲載日: JUN 27TH, 2021.

ねこ用IoTトイレ「トレッタ」とは?ペットカメラ機能も付いて本体“実質0円”!月額のみで使えるよ|News

猫のカメラ付きトイレ「トレッタ」が、リニューアルして登場です。これまで21,780円(税込)で提供していましたが、今後はアプリ月額料金1,078円(税込)で利用できる『ねこのヘルスチェックサービス』へと生まれ変わりました。体重、尿量、尿回数等を24時間自動計測し、スマホからヘルスチェックが可能に。猫を迎える人が急増していることを受け、ねこ初心者でも正しい知識で“おうちヘルスチェック”に取り組めるよう考案されました。また、猫の飼い主500名を対象に聞いた「#飼い主一斉調査」のアンケート結果もあわせてお知らせ。リニューアルした「トレッタ」は、愛猫との長く楽しい猫ライフを充実させてくれそうです。

カメラ付きトイレ「トレッタ」

初めて猫を飼う人でも正しい知識で“おうちヘルスチェック”に取り組んでほしいという想いから生まれたカメラ付きトイレ「 toletta® (トレッタ)」。これまで19,800円(税込21,780円)で提供していましたが、泌尿器疾患の多い猫の体重、尿量、尿回数等を24時間自動計測し、スマホからヘルスチェックができるカメラ付きトイレ 「Toletta®(トレッタ)」としてリニューアル。2021年6月22日(火)よりアプリ月額980円(税込1,078円)で利用できる『ねこのヘルスチェックサービス』になりました。

リニューアルの背景

いまや飼育頭数では犬を抜き、トップとなった猫。コロナ禍にあった2020年は、おうち時間が増えたことで、猫との暮らしに癒しを求め、新たに猫を飼い始めた人が増えたと言われています。しかし、一方で問題となっているのが、飼い始めてすぐに「思ったより飼うのが大変」と知識がなかったことで動物愛護団体に保護を求める保護依頼や飼育放棄が増えていること。
実際に、 飼い主500名を対象に、5月に実施した猫との暮らし・健康について聞いた「#飼い主一斉調査」では、『猫を愛する飼い主が、実は“猫の健康”について正しく理解していない』ということが明らかになりました。

「#飼い主一斉調査」実施

2021年5月、猫の飼い主20~69歳の男女500名を対象に、猫との暮らし・健康について聞いた「#飼い主一斉調査」をインターネットで実施。調査結果については、獣医師 井上 舞先生が監修しています。

「#飼い主一斉調査」概要
調査方法   :インターネット
調査エリア  : 全国
調査対象者  : 20歳~69歳男女、猫を飼っている人
有効回答数  : 500サンプル
調査期間   :2021年5月26日(水)~28日(金)

調査報告1

コロナ禍で猫を飼い始めた人のうち、6割以上が初めて飼う“ねこ初心者”。猫を飼っている男女500名にいつから飼い始めたかを聞いたところ、29.2%の人が「コロナ禍以降」と回答。さらに、コロナ禍以降に猫を飼い始めた人に、初めての猫かどうかを聞くと「はい」と回答した人が63%となりました。コロナ禍で初めて猫を飼う“ねこ初心者”の人も多くいることが分かります。

調査報告2

飼い猫について一番心配なことを聞くと断トツに多かったのが「病気・健康(69.2%)」。一方で、一般的に飼っている人が多い成猫(1~6歳)が最もかかりやすい病気を聞くと、約半数(49.2%)の人が「知らない」と回答。猫に多い病気である「下部尿路疾患」と回答できた人は、30.4%と少ない結果となりました。

< 獣医師コメント >
猫で多い疾患が、膀胱炎や尿道炎、尿路結石といった「下部尿路疾患」です。猫の先祖はもともと砂漠で暮らしていたと言われており、比較的少量のお水を飲んで、濃いおしっこを作ります。そのため、腎臓への負担が大きく、機能障害を起こしやすいと考えられています。また、濃いおしっこは尿中のミネラルが結晶化しやすく、尿石ができやすいために膀胱炎や石が詰まって尿が出ない、出にくい病気などもなりやすいと考えられています。場合によっては命にもかかわる病気ですので、飼い主の皆さんには知っておいていただきたい病気のうちの一つです。

調査報告3

病院に連れていくかどうか迷ったことがあるかと質問すると、64%の人が「ある」と回答。さらに、その理由を聞くと断トツに多かったのが「病気かどうか判断がつかなかったから(74.1%)」、続いて「自然に治ると思ったから(27.2%)」でした。

< 獣医師コメント >
猫は、自身もハンターですが、自然界では捕食される側でもあり、体調不良などは本能的に隠す習性があります。痛みの表現も分かりにくく、毎日一緒にいる飼い主さんでさえ気づかないということがあるので注意が必要です。 異変に気がついた時には、すでに手遅れということも珍しくありません。いつもより元気がない、活発さがないなど、ささいな変化も見逃さないようにしてあげたいものです。

調査報告4

猫を病院に早く連れて行けばよかったと後悔した経験があるかを質問したところ、およそ3人に1人があると回答。特に一人暮らしの人は、半数近くとなる40.4%の人が後悔した経験があり、常に一緒にいることが難しい一人暮らしの人の飼育の難しさが伺える結果となりました。

調査報告5

猫の健康のために行っていることを質問すると、最も多かった回答が「質の良いフード選び(66.6%)」。続いて「毎日の便のチェック(48.2%)」、「毎日の尿のチェック(34.4%)」となりました。猫に泌尿器疾患が多いことから、毎日の尿のチェックは重要となりますが、およそ3人に1人しか行っておらず、また尿回数については、約半数の人が把握していないという結果に。特に3匹以上の多頭飼いの人は、6割以上の人が把握していないということが明らかになりました。

< 獣医師コメント >
泌尿器疾患で重要なのは、尿の性状や排尿時の様子や回数などで、尿は家庭内で確認できる数少ない猫の健康バロメーターです。特に、泌尿器トラブルでよくみられる症状の一つが、尿回数の変化です。少量の尿を頻繁にする場合や、トイレに行くけれども尿が出ずに出たり入ったりする場合は膀胱炎が疑われます。また、尿が全く出ない時には結石などが詰まっている可能性があります。尿が詰まると命に関わるおそれがありますので要注意です。健康な成猫の場合は1日あたり2-3回が一般的ですが、個体差がありますので普段から「うちの子」の尿回数の把握はとても大切です。

調査サマリ

1. コロナ禍で猫を飼い始めた人のうち、6割以上が初めて飼う“ねこ初心者”

2. 猫の飼育で一番の悩みは、断トツ「病気・健康(69.2%)」一方で、猫が最もかかりやすい病気を約半数の人が「知らない」と回答し、「下部尿路疾患」だと知っていた人は3割と少ない結果に…

3. 病院に連れていくかどうか迷ったことがあるは、6割以上!その理由の多くが「病気か判断がつかないから(74.1%)」

4. 飼い主の3人に1人が、早く病院に連れて行けばよかったと後悔を経験。特に、ひとり暮らしの人は4割以上が後悔の経験があり、飼育の苦労が明らかに。

5. 猫の健康のために行っていることは、「質の良いフード選び」が最も高い(66.6%)。「便のチェック(48.2%)」「尿のチェック(34.4%)」も多かったものの、1日の尿回数を把握していない人は、約半数に上った。

【監修】
獣医師 井上 舞先生(公益財団法人 日本小動物医療センター)
帯広畜産大学卒。大学卒業後、ペット保険会社に勤務。動物病院での臨床経験を経て保険データ分析プロジェクトを立ち上げ、東京大学にて疫学を専門に博士号取得。現在、ねこ医学会実行委員他

リニューアルした 「 Toletta® (トレッタ)」

6月22日(火)より、21,780円(税込)で提供していた 「toletta®」から月額1,078円(税込)のみで利用できる「Toletta®」へ生まれ変わり、公式サイトも一新。猫について知るきっかけになる獣医師監修のガイドブック「THE FIRST CAT BOOK」も無料公開しています。

トイレには「AIねこ顔認識技術(特許取得済み)」搭載のカメラ付き。「どの猫がトイレをしたか?」をカメラがすぐに認識するので、複数の猫が使ってもきちんとチェックできます。首輪や専用のタグは一切必要ありません。

6種のデータを24時間、スマホで健康チェック

猫がトイレに入るとセンサーが感知し、6つの健康指標、「体重・尿量・尿回数・入室回数・滞在時間・経過時間」を自動で計測。 計測されたデータは、いつでもどこでもスマホアプリから確認ができます。

獣医師と共同開発した独自システムで体調変化をお知らせ

獣医師と共同開発したアルゴリズムにより、体重やおしっこの量の変化をスマホに通知。猫の体調の変化に気づくきっかけを届けてくれます。

トイレ中を記録する「にゃんこセルフィー機能」搭載

猫たちがトイレをするたびに、その様子を動画と静止画で自動記録。まるで自撮りしているかのように、愛らしい姿が見られます。就寝中、留守中でもトイレに行っているか、トイレに変わった様子がないかしっかりチェックできます。

専門家によるトイレ切り替えサポートつき

トイレの形や砂の好みは、猫それぞれ。トレッタを購入したすべての人を対象に、“ねこ経験豊富”な獣医師や看護師が、トレッタへの切り替えのお手伝いをしてくれます。

ねこにやさしい“おうちヘルスチェック”

猫はあまり水を飲まない生きもので、尿路や膀胱などの泌尿器疾患にかかりやすいとされています。そのため、毎日のトイレチェックが欠かせません。トレッタは、猫がトイレに入るたびに自動でトイレデータを記録してくれるヘルスチェックサービスです。
<トイレ本体の仕組み>
Ⓐ おしっこが砂を通過し、スノコを通って尿トレイに落ちます。
Ⓑ 尿トレイに落ちたおしっこの量をセンサープレートが計測します。

■ 新名称:Toletta® リニューアル日:2021年6月22日(火)
■ リニューアル日:2021年6月22日(火)
■公式サイト: https://tolettacat.com/
<新プラン内容>
■本体料金:0円
■最低利用期間:6ヶ月
■プラン料金:トレッタ1台あたり月額980円(税込1,078円)
■プラン内容:基本機能、自動状態判定、AI見守り機能
■申込方法:公式サイトの下記購入ページより、お申し込みください。
■申込URL:https://account.tolettacat.com/

[PR TIMES]

※情報はプレスリリース発表時点のものとなります。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

>>>ペットが動いても追いかけて撮影!パナソニックのHDペットカメラ

>>>ペットにくつろぎの場所を!小型犬や猫用のハンモックやソファ登場【通販OK】

>>>どんな種類が人気かニャ? 「人気飼育犬種・猫種ランキング」発表だよ~

mari.M

mari/ライター

夫、娘、チワワとの4人暮らし。エンタメ業界で過ごした日々はその時々のトレンドにふれた食べ物や場所を満喫。スパイス、ハーブ、スーパー フード大好き。だけど、チョコとお酒がやめられない。おいしいものをいっぱい食べたいから 日々、筋トレに励む。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

ペットの記事