CATEGORY

POSTED BY イエモネ編集部 掲載日: MAY 11TH, 2020.

【動画】あなたと、あなたのそばにいるリスクの高い人たちを守るために

感染者数が徐々に減っているとはいえ、引き続き世界中で警戒や対策が必要な「新型コロナウイルス」。蔓延防止に向けた行動の啓発のために、基礎疾患を持つ患者、その家族、サポートする医療従事者たち自らが、オンライン上でメッセージを訴える SNS キャンペーン「# I Am Patient / # いまみんなで耐える時」が始まっています。大切な人の命を守るために必見の動画です。

今回、キャンペーンを開始したのは、全ての人々の健康的な暮らしの実現を目指す「オムニコムヘルスグループアジアパシフィック」と、傘下であり患者団体のコミュニケーションを専門とする「スノウ カンパニーズ」。自粛疲れを感じる人が増えてきているのも事実ですが、この動画を見て引き続きソーシャルディスタンスを保つなど、適切な行動を取りましょう。

いま、みんなで耐える時

新型コロナウィルスの感染によるリスクがより高いとされる基礎疾患を抱える人は、動画の中でも約 1億人と触れられていますが、日本においても約 1,300 万人にのぼり、多くの方が不安な日々を過ごしています。公開された動画は、基礎疾患のある患者とその患者をケアする人を主役にした啓発動画で、アメリカで話題となったキャンペーン動画に、日本国内の患者からのメッセージを新たに加えた日本版です。

「I Am Patient」を合言葉に、外出せず自宅で過ごすことが、多くの基礎疾患を持つ人々を助ける行動になることを、患者自身の言葉で発信しています。
「I Am Patient」とは英語のPatient(患者さん)とPatient(我慢強い)を掛け合わせています。「私を助けてください」「私は慢性疾患を抱えています」「私は糖尿病を抱えています」「私の免疫力は低下しています」といったご本人の言葉は、見た人の心を打つでしょう。

キャンペーン主催社のコメント

日本においては、GW を前にして自粛ムードが緩みがちになるリスクがあると考え、このキャンペーンは、相手を重んじる日本人気質に訴えかけ「一般の人々に対しての行動自粛を呼びかける啓発活動」としても有効であると考えています。日本人の相手を尊重する文化があるからこそ、患者さん、つまり「高リスク層の危険度を下げること」に意味を感じてもらえると信じています。

>>>【コロナで送料無料&割引中の通販まとめ】北海道グルメから魔法のソファまで

>>>コロナで通販やデリバリー・テイクアウトがスタートした注目のグルメ店まとめ

>>>おこもり生活便利帳〜おうち時間を充実させるとっておきアイデア集〜

イエモネ編集部

iemone editors

「イエモネ」は、暮らしと自由をテーマにした、家中(イエナカ)情報メディア。 簡単レシピからお取り寄せスイーツ、可愛いインテリア雑貨やおしゃれ家電まで、あなたの家をもっと居心地よくするアイデアで詰まっています。 今日も一日よくがんばりました。やっぱり、お家が一番。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

暮らし/生き方の記事