CATEGORY

POSTED BY ライター/編集 西岡舞子 掲載日: OCT 12TH, 2019.

食パンブームに新たな波! 進化系「やわもち」食パンってなに?

日常の食卓に登場しやすいパンといえば何と言っても食パンですよね。長く続く食パンブームはいまだ衰えず、お気に入りのお店がある! という人も多いかもしれませんね。今日さらに進化しているという食パンブームで注目されているお店をチェックしてみます。

鎌倉・大仏さまの福みみ

その食パンを販売しているのは8月に神奈川県・鎌倉市にオープンした食パン専門店「鎌倉・大仏さまの福みみ」。目玉商品の食パンは鎌倉の名所・高徳院の大仏様の福みみをモチーフとし、柔らかくもっちりとした食感の福みみ型の食パンです。また、鎌倉の街にはリスが多いことから、リスの好きなナッツやベリーを練り込んだ「鎌倉ノアレザン」など手土産としても喜ばれそうな食パンも販売しているとオープン以降注目を集めています。

やわもち食感の食パン「大仏さまの福みみ」

もっちりやわらか!

大仏さまの福みみをモチーフとした食パンは、カットすると大仏さまの耳の型のように見えるおもしろい形をしていて、食感は柔らかくてもっちり。鎌倉大仏殿高徳院や店舗に近い鶴岡八幡宮を訪れた人たちにお土産になるようにと開発されたということです。

素材にもこだわっているのが特徴です。小さな子どもから、お年寄りまで、安心して食べることができるように食パンの原材料には、世界的にも珍しいもち性を持つ希少小麦「岩手県産もち姫」が使用されているほか、バター、牛乳、卵、塩も安心・安全な素材にこだわり、ひとつひとつ店舗に併設している工房で丁寧に焼き上げています。

大仏さまの福みみ食パン
864円(税込)

自家製フレンチトースト

ほかにも、食パン専門店で作られる自家製フレンチトーストもおススメです。鎌倉の街を食べ歩きながら観光するのにぴったりで、注文の後に店内で焼き上げられるフレンチトーストは外はカリッと、中はふわとろな2つの食感を楽しむことができます。

鎌倉フレンチトースト
500円(税込)

今後は鎌倉の地野菜など地元素材を活かした食パンの商品開発に力を入れていきたいということで、ここでしか食べることができない新しい食パンがまた生まれる予感です!

食パン専門店「大仏さまの福みみ」
所在地:神奈川県鎌倉市雪ノ下一丁目9番22号
店舗HP: https://daibutsu-shokupan.com/

[@Press]

西岡舞子

Maiko Nishioka/ライター/編集

オーストラリアのGriffithUniversityでジャーナリズムと犯罪心理学を学び、卒業後は出版やエンタメに携わる。アニメや舞台などカルチャーやライフスタイルについての記事が得意。舞台も音楽も仕事のあとの一杯もやっぱり生が好き! 記念に公演グッズも買っちゃう派です。好きな動物は猫とペンギンで好きな大福はいちご大福。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事