CATEGORY

POSTED BY イエモネ編集部 掲載日: JAN 2ND, 2023.

冬こそ足裏ケア♪アマゾン限定ブランドから「カカトのやすり」が新登場

2人の読者が参考になると評価

Amazon限定ブランド「Beakers(ビーカーズ)」から新商品「ビーカーズ お風呂で使うカカトのやすり」が登場♪ 乾燥する冬は特に、足裏のカサカサやひび割れが気になりませんか? お風呂でケアしてツルもちのかかとを手に入れましょう♪

「ビーカーズ お風呂で使うカカトのやすり」でツルもちのカカトを取り戻そう♪

冬は特に足裏のひび割れや乾燥が気になる人も多いのでは? ツルピカのかかとを取り戻すにはしっかりケアが必須です。いくら保湿をがんばってもカサカサが気になる人は、不要な角質が邪魔しているのかも!? 

アマゾン限定ブランド「ビーカーズ」の新商品「ビーカーズ お風呂で使うカカトのやすり」は、2種類のやすりで硬くなった角質を除去。そのあとにしっかり保湿することで、ツルもちのカカトを取り戻すサポートをしてくれます。

特徴は?

「ビーカーズ お風呂で使うカカトのやすり」には、2種類のやすりで構成されています。「ハード面」は反り返ったカーブでピンポイントに削れて力を入れやすいので、硬くなった角質に効果的。「ソフト面」は内側にカーブした細かいヤスリが広範囲に当たり、やわらかい足裏部分やお手入れの仕上げにおすすめ。

力加減をコントロールしやすいハンドルの角度と、小回りのきくサイズ感も特徴。削りすぎることもなく細部まで丁寧に削れます。削るときは一方向にするのがポイント。色んな方向から削ると角質がボロボロになってしまうのだそうですよ。

使用後はそのまま丸洗いOK。耐水性に優れているので、そのまま吊り下げておけば清潔を保てます。

「ビーカーズ お風呂で使うカカトのやすり」の使いかた

まずは湯船にゆっくり浸かりカカトを温めて、硬くなったカカトの角質を柔らかくします。もちろんカカトだけ足湯をしてもOK。カカトは、ほどよく水分を含んでいるので、柔らかくなった角質をそのまま削ることができ、手間なく簡単です。

ここで注意したいのが角質を削り過ぎないこと。必要な角質まで削ってしまうと皮膚のバリア機能が弱くなり、さらにカカトの乾燥につながることがあります。軽く水分を拭き取ってから削ると、削り過ぎを防ぐことができます。

カカトの保湿ケアは入浴直後に! 入浴後の柔らかカカトに保湿剤がよくなじみます。かかとケアは頻繁に行わず、週に1度か多くても2度を限度にカカトの状態を確認してケアすることが大切とのこと。

保湿ケア製品とともにAmazonにて販売中

「ビーカーズ お風呂で使うカカトのやすり」は、Amazonにて販売中です。やすり後のおすすめ保湿ケア商品も販売されていますよ♪

商品名  :ビーカーズ お風呂で使うカカトのやすり
発売日  :Amazonにて12月26日発売
開発・販売:株式会社Think Family
商品ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/B0BNPB5ZCZ

<おすすめ商品>
商品名:ビーカーズ ハイケアーミルクローション:https://www.amazon.co.jp/dp/B097GRSZ3L
商品名:ビーカーズ メイコーボディクリーム 3種
・フルーティフローラルの香り:https://www.amazon.co.jp/dp/B08JFYZCMJ
・グリーンフローラルの香り:https://www.amazon.co.jp/dp/B08JGCVZ7J
・トロピカルの香り:https://www.amazon.co.jp/dp/B08KVWN1QD

※情報はプレスリリース発表時点のものとなります。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

関連するタグ

イエモネ編集部

iemone editors

「イエモネ」は、暮らしと自由をテーマにした、家中(イエナカ)情報メディア。 簡単レシピからお取り寄せスイーツ、可愛いインテリア雑貨やおしゃれ家電まで、あなたの家をもっと居心地よくするアイデアで詰まっています。 今日も一日よくがんばりました。やっぱり、お家が一番。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

ボディケアの記事